セブン-イレブン徹底解剖 出店の考え方

ドミナント方式(高密度多店舗出店)

コンビニエンスストアをフランチャイズチェーンで展開するにあたり、創業時より効率性・安定性から高密度多店舗出店を基本戦略として、出店を続けています。 それは、店舗ごとに商圏を隣接させながら店舗網を広げ、そこから知名度をアップし、鮮度のよい商品供給を行うというやり方です。
私たちはこの高密度多店舗出店について、次のような効果をもたらすと考えています。