セブン-イレブン徹底解剖 フランチャイズシステム

加盟店さまと本部の共同事業、という考え方

私たちのフランチャイズ・ビジネスは、加盟店さまと本部が対等の立場で、独立性を保ちながら取り組む共同事業です。
その信頼関係の基盤になっているのが、3つの制度とシステムです。
まず、小規模な資金で事業をスタートさせ、安定した事業運営を進められるように考えられた決済・融資の仕組みである「オープンアカウントシステム」。
加盟店さまと本部が売上げ総利益を一定の割合で分け合う「荒利分配方式」。
そして、オーナーさまに年間の総荒利益額を保証する「最低保証制度」。セブン-イレブンのお店の安定した運営と着実な成長は、ここにベースがあります。

それぞれの役割を分担、互いがやるべきことを明確に

セブン-イレブンでは基本的に、本部は加盟店さまの経営に関するあらゆる支援を行い、加盟店さまは店舗経営や販売に専念していただけるよう、あらかじめ役割分担を明確にしています。
オーナーさまには企業の経営者として、人、商品、経営数値のマネジメントの確立に努力していただきます。
お互いが役割を全うすることで双方の利益が増える、セブン-イレブンならではのフランチャイズ方式。
家族労働を主体とした店舗経営から、企業としての経営へと脱皮できるよう、全力でお手伝いします。

加盟店さまをバックアップするサービス・制度