トップ > 企業情報 > セブン-イレブン徹底解剖 > 情報システムの変遷
 

セブン-イレブン徹底解剖 - 情報システム ~情報システムの変遷~

第1次店舗システム 1978年~1982年
1978年8月 発注端末機「ターミナル7」の導入開始
[日本電気(株)との共同開発]
発注番号のバーコード化と、商品台帳兼発注表の作成。
発注業務のコンピューター化に伴い、会計処理の面では注文データを先行記録とするターン・アラウンド方式が可能となり精度及び効率が大幅に向上。

第2次総合店舗情報システム 1982年~1985年
1982年10月 TC(ターミナルコントローラー)
[日本電気(株)との共同開発]
POSレジスターの導入開始
[(株)東京電気との共同開発]
世界で初めてマーチャンダイズ・マーケティングにPOS情報を活用。
発注精度の向上と欠陥防止、個店対応と単品管理の深耕、POS情報の活用、共同配送の推進等が大幅に進展。
1982年11月 発注端末機EOB(エレクトリック・オーダー・ブック)の導入開始
[日本電気(株)との共同開発]

第3次総合店舗情報システム 1985年~1990年
1985年5月 グラフ情報分析コンピューターの導入開始
[ロジックシステム・インターナショナル社との共同開発、日本電気(株)との保守契約]
販売データがグラフで表示できるようになり、イメージとして把握し易く、販売データが本格的に活用されるようになるとともに予約商品在庫問い合わせなどネットワーク活用ビジネスの可能性が開ける。
1985年8月 双方向POSレジスターの導入開始
[(株)東京電気との共同開発]

第4次総合店舗情報システム 1990年~
1990年9月 GOT(グラフィック・オーダー・ターミナル)、ST(スキャナー・ターミナル)、SC(ストア・コンピューター)の導入開始
[日本電気(株)との共同開発]
POSデータの分析情報に加えて、商品情報や催事・温度変化などに応じた商品の動きの変化を先行的にアドバイスする文字情報の提供等店舗内でレベルの高い発注・単品管理を行う仕組み作り。
店舗-ベンダー-本部間でやり取りされる大量のデータをリアルタイムで伝達することにより本部が直近の情報を把 握でき商品調達や店舗への情報発信の飛躍的な迅速化が可能。
店頭のサービスレベルの向上と情報サービスへの広範な活用。
1991年4月 ISDN(総合デジタル通信網:NTT)の導入開始
1992年3月 新型POSレジスターの導入開始
[(株)東京電気との共同開発]

第5次総合店舗情報システム 1996年~
1996年11月 「ネットワークシステム」、「発注・物流・取引先システム」の導入開始
衛星通信とISDNを統合した世界最大規模のネットワークを構築。
動画、音声などのマルチメディア技術を本格的に活用。
営業部門約1,500名全員へ携帯パソコンを配備。
オープンアーキテクチャへ全面移行。
専用ハードウェア・ソフトウェアなどの共同開発による信頼性、メンテナンス性、サービスレベルの向上などを特徴とした世界でも最先端のシステム構築。
ECなどの新規ビジネスを支援する事業インフラを確立。
(株)野村総合研究所、日本電気(株)など12社のパートナーメーカーの協力により統合された総合システム。
1997年5月 「グループウェアシステム」の導入開始
1997年6月 「マルチメディア情報発信システム」の導入開始
1997年11月 「店舗システム」の導入
1998年9月 「POS情報システム」の導入開始
1999年3月 「店舗POSレジシステム」の導入開始

第6次総合店舗情報システム 2003年~
2003年7月 「会計システム」の導入開始
伝票、帳票のペーパーレス化とデータの電子保存によるコスト削減。
店舗ネットワークを光ファイバに統合。
店内LANの無線化により、売場での商品情報やPOS情報の参照を実現。
「日本語入力キーボード」を新設し、店舗内コミュニケーション・情報共有を促進。
大規模データベース活用によるマーチャンダイジングの情報の充実。
国内初となる非接触ICカードの“マルチリーダーライター”の搭載。
2004年11月 「ネットワークシステム」の導入開始
2006年3月 「マルチメディア情報発信システム」の導入開始
2006年5月 「店舗システム」の導入
2006年7月 「本部情報システム」の導入開始
2006年11月 「POSレジスターシステム」の導入開始