トップ > CSR > ステークホルダーの立場に立って > 本部従業員 > 公正な評価・処遇


 

公正な評価・処遇

立候補制度

「過去のやり方に固執せず、業務や組織を自ら改革しよう」という意欲や自信のある人材を積極的に登用するために、勤続3年以上経過している本部従業員に対して他部門・職種への立候補制度を用意しています。新たな業務にチャレンジすることを目的にしているため、活力のある組織づくりにもつながっています。

「セルフチェック」「コモンテスト」を実施

本部従業員一人ひとりがより広い視点を持ち成長できるよう、定期的に成長を確認する機会を設けています。

セルフチェック

それぞれの職種によって求められる考え方や価値基準に照らし合わせて、個人ごとに何ができていて、何ができていないのかを本部従業員自身と上司が客観的に判断する仕組みを取り入れています。年3回、業務への理解や企画・実行力、分析力等の各項目を自己採点し、上長の評価とすり合わせ、面談で課題を確認し新たな目標を設定しています。

コモンテスト

業務を進めるうえで必要な知識である「世の中の変化」や「会社方針・政策」を理解しているか確認する試験を階層別、部門別に年1回実施しています。

社内表彰制度

会社方針である「新しいこと」に挑戦し、大きな成果をあげている部門や本部従業員に対して、年に2回、表彰制度を設けています。これまでに計24回実施され、延べ約5,000名が表彰されています(2016年2月末時点)。

写真:本部での授賞式