トップ > CSR > ステークホルダーの立場に立って > 本部従業員 > 働きやすい職場環境


 

働きやすい職場環境

従業員意識調査を実施

法令やルールなどのコンプライアンスを遵守し、働きがいのある職場をつくるために、2013年から本部従業員を対象に定期的にアンケートを実施し、会社の方針の浸透度や社内制度、職場環境に対する満足度を調査しています。アンケート結果から課題を把握し、改善に向けて対応することで、より働きやすい環境づくりを進めています。

労働安全を推進

復職時の健康確認

体調不良など長期に休職をした後に復職する場合、そのまま復職するのではなく、産業医が診断し、体調面、精神面にも不安なく勤務できるかどうかの確認を受けたうえで職場に戻る仕組みを導入しています。これによって本部従業員の不安を取り除いているほか、復職時の安全にも配慮しています。

地区トレーナーの配置

全国19エリアに本部従業員の教育をサポートする専門のトレーナーを配置し、直営店舗の社員を担当しています。各トレーナーは、店舗の状況や個人別に業務の習得状況を確認したり、店舗勤務で生じるさまざまな悩みに対してアドバイスしながら成長を見守ります。また、入社後間もない本部従業員の悩みを受け止め、アドバイスすることで一人ひとりの不安を軽減しているほか、目的意識を高めながらキャリアアップを推進し、メンターとしての役割を果たしています。

「社員相談窓口」の設置

仕事上の悩みを気軽に相談できる窓口として、本部従業員向けの「社員相談窓口」を設置しています。相談内容については相談者と話し合いながら解決方法を探っています。また相談したことで不利益を被ることがないように秘匿性を守って対応しています。

従業員ヘルプラインを設置

社内における法令違反やそのほかの不正行為、ハラスメントなどの人権侵害、会社として社会的信頼を失う可能性がある行為が発覚した場合に、早期に不正行為の是正や適切な対応をすることで企業のリスク管理と法令遵守を図っています。この窓口は外部機関に委託しており、相談や通報をした本部従業員のプライバシーを厳守し、その内容が第三者に開示・漏洩することのないようにしています。

セブン&アイHLDGS.グループ共通ヘルプラインポスター従業員ヘルプラインポスター