トップ > CSR > 環境への取り組み > 循環型社会の実現 > 廃棄物の減量化


 

廃棄物の減量化

生ごみ処理機の実用化に向けた取り組み

セブン‐イレブンでは、微生物の働きを利用した「生物分解型生ごみ処理機」の運用テストを2013年から開始しています。生ごみ処理機を活用することで、焼却処分に比べてCO2発生量の低減が図れると同時に、ごみの減量化にもつながります。

写真:生物分解型生ごみ処理機

販売期限切れ商品発生量推移(1日あたり)