トップ > CSR > 環境への取り組み > 低炭素社会の実現 > サプライチェーンでの取り組み


 

サプライチェーンでの取り組み

共同配送による環境負荷の低減

セブン-イレブン1号店が開店した当時(1974年)は、食品から日用品・雑貨まで約3,000アイテムの商品の仕入れに対して、当時の商慣習としては当たり前ですが、メーカーさまごとに商品配送が行われていたため、1店に1日70台のトラックが訪れていました。
そこでセブン-イレブンでは、交通渋滞や地域の安全性、環境問題などを鑑み、共同配送のしくみを考え、メーカーさまに協力を依頼し、違うメーカーさまの商品を1台のトラックで運ぶという新しい物流の仕組みを構築しました。その後も改善を重ね、2005年以降1店あたりの配送車両は1日9台となっています。共同配送システムは、交通渋滞や安全性、CO2排出量削減などの環境負荷の低減ばかりでなく、店舗では配送回数の削減により作業効率の向上、メーカーさまには配送コストの削減効果を生みました。また、温度帯別配送(20℃、チルド、冷凍、常温)の構築も可能となり、商品の品質管理の向上にもつながっています。

店舗への納品車両台数の変化(1日あたり)

1店あたりの配送車両台数推移

環境配慮型車両・リトレッドタイヤの導入促進

セブン-イレブンでは、配送にともなう環境負荷を低減するために、ディーゼルトラックから環境配慮型車両と認定されているハイブリッドトラックへ配送車の入れ替えを進めています。この車は減速時に発生するエネルギーを回収し、発進・加速時のモーター駆動として二次利用できるため、燃費向上やCO2排出量削減などの効果が期待できます。現在、配送車両5,703台のうち、ハイブリッドトラックは760台(2017年5月末)ですが、2020年までには全体の20%を環境配慮型車両に切り替えていく予定です。

また、資源節約、廃棄物削減ができる「リトレッドタイヤ(更生タイヤ)」は延べ9,449台(2017年5月末)に導入しています。セブン-イレブンの店舗向け配送車両で使用されたタイヤがリトレッドタイヤとなり、再び配送車両に装着されるサイクルも確立しています。

※1台につき複数回脱着しているため延べ台数になります。

ハイブリッド車の導入台数

車載端末を使った「エコドライブ」を実践

物流における環境負荷は、使用する配送車両の数だけでなく、配送車両のコンディションや運行状況によっても左右されます。そこで、セブン-イレブンは配送業務の委託先と協力し、「使用年数6年以内、走行距離50万km以内の車両を使用する」「事前予防整備点検を毎月実施する」という自主管理基準を作成。現在も、この基準に従って5,703台(2017年5月末現在)の配送車両を管理しています。

さらに、車両1台1台の安全運行と環境負荷削減のために、共同配送センターと店舗間で使用している全配送車両に車載端末を搭載。配送距離や最高速度、アイドリング時間、急発進や急加速・減速などの運転状況を数値化・グラフ化し、データに基づいた運行指導やエコドライブ講習会を実施しています。これらの結果、「安全運転=エコドライブ」という意識につながっています。

車載端末を利用した運転状況の把握

保冷ボックスの使用によって燃費が向上

フローズンセンターではアイスクリームなど冷凍食品は「保冷ボックス」に入れて冷凍専用車両で店舗へ配送しています。これによって商品の品質を確実に保つ配送を実現しました。また、従来は納品時も冷機を止めないようにエンジンを止めずに配送していましたが、保冷ボックスを使用することで、納品時のエンジン停止が可能になり、排ガス削減にもつながっています。

設備の使用電力量を制御する装置を導入

現在、物流センターでは、節電に向けて「デマンドコントローラー」の導入を促進しています。デマンドコントローラーとは、各設備の使用電力量を監視し、一定の範囲を超えないよう負荷設備に制御をかける装置のことで、センター内の無駄な電力を削減するのに役立っています。2017年5月末現在、151センター中、71センターで導入が完了しています。

自社以外でのCO2排出量を把握(スコープ3の算出)

セブン‐イレブンは、セブン&アイHLDGS.の「地球温暖化防止基本方針」に則り、サプライチェーン全体におけるCO2排出量を把握し、削減していくために「スコープ3」を算定しています。「スコープ3」とは、自社排出量以外の、原材料・商品の調達、配送、商品使用、廃棄過程から出る温室効果ガスの排出量のことを指します。

算定にあたっては、環境省の「サプライチェーン排出量算定支援」事業を活用し、「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドラインVer2.1」に沿って算定しています。今後も、継続的に「スコープ3」の算定に取り組むとともに、その結果を踏まえ、自社以外を含めたサプライチェーン全体でのCO2排出量の低減をめざしています。