トップ > CSR > 環境への取り組み > 循環型社会の実現 > 食品廃棄物の発生を抑制


 

食品廃棄物の発生を抑制

長鮮度商品の開発

素材や製造工程、温度管理を見直すことで、味や品質を落とさずに従来よりも長い消費期限を可能にしたチルド弁当を開発しました。
パン類やお惣菜についても、長鮮度の商品を開発することで食品廃棄の減少に努めています。

商品画像チルド弁当の一例

食べ切りや長期保存に配慮したセブンプレミアム

セブンプレミアムのパウチ惣菜や冷凍食品は、手間と時間をかけずに食事ができる「近くて便利」な商品として開発されました。また、パウチ惣菜は小容量で少人数でも食べ切ることができる量にすることで、食べ残しを減らす工夫をしています。さらに必要な野菜を必要な分だけ購入できるカット野菜や長期保存が可能な冷凍食品などを積極的に品揃えすることで家庭における食品残さの低減につなげています。

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

セブンプレミアムのパウチ惣菜と冷凍食品

3分の1ルールの見直し

小売店などが設定するメーカーからの納品期限や店頭での販売期限は、製造日から賞味期限までの期間を概ね3等分して設定されるのが一般的です。この商慣習は「3分の1ルール」と呼ばれており、食品廃棄が発生する一つの要因とも考えられています。

そこで、セブン‐イレブンは農林水産省、経済産業省、メーカー・卸・流通業界が連携して進めていた「納品期限見直し」プロジェクトの実証事業に参加、「3分の1ルール」の見直しが食品ロス削減にもつながることから、その後、セブン‐イレブンでは2014年11月から全店における飲料全品、菓子の一部について納品期限を3分の1から2分の1に変更しました。

納品期限の見直し実施例