トップ > CSR > サステナビリティマネジメント > 高齢化、人口減少時代の社会インフラの提供
 

サステナビリティマネジメント

重点課題① 高齢化、人口減少時代の社会インフラの提供

人口減少による少子高齢化や女性の社会進出、小売店舗の減少といった社会環境の変化に対応し、お買物が不便なお客様を支援するために、全国に約20,000店舗を展開するという社会インフラとしての事業特性を活かしながら、お買物の利便性向上に取り組んでいます。多様なお客様のニーズを満たすことは、私たちに絶えず求められる重要な社会的役割であると認識しており、最重要課題の一つとしてこれからも取り組みを進めていきます。

主な取り組み・サービス

対応するSDGs目標

主な取り組みの紹介

お届けサービス「セブンらくらくお届け便」

2012年から、ご注文いただいた商品をお店からお届けする「セブンらくらくお届け便」を開始しました。こうしたご自宅への配送は、高齢者などの見守りにもつながっています。現在、475の自治体と「高齢者等の支援に関する協定」を結び、地域の「安全・安心」に貢献しています。

移動販売サービス「セブンあんしんお届け便」

お買物が不便な地域にお住まいの方や、お出かけするのが難しい高齢者などのため、2011年5月から移動販売サービス「セブンあんしんお届け便」を開始しました。2018年8月末時点で、全国で75台の販売車両が稼働しています。
「セブンあんしんお届け便」は、常温、20℃、5℃、–20℃の4温度帯で、さまざまな商品を品揃えしています。また、移動販売先ではご要望にきめ細かくお応えするため、お客様お一人おひとりにお困りごとを伺い、お届けしています。生活に必要なものをまとめ買いされるお客様も多く、地域に欠かせないサービスとなっています。

もう1軒お店を出すくらいの覚悟で

広島のオーナーさんが訪問販売されている映像を見て衝撃を受け、「私もやろう」と「セブンあんしんお届け便」を始めました。ルート開拓や品揃えの見直し、近隣店舗への配慮等、はじめは苦労しましたが、今では地域の方に定着してきました。高齢者施設で販売することもあり、専属スタッフが地域を回りながら、必要に応じてルートを見直しています。月曜から金曜まで、たとえ大雨でも、移動販売に出かけます。「セブンが来るから免許を返納したわ」というお声をいただくと、私たちの使命を実感します。信念をもって、やり続けます。

千葉県・千倉瀬戸浜海岸店オーナー
鈴木様
(中央)と、「セブンあんしん
お届け便」を
担当する植木様(左)

地域における見守り協定の締結

セブン‐イレブンは、24時間年中無休。深夜でも明かりが灯り、街を照らしています。その特長を活かして、女性・子どもの駆け込みや高齢者保護に対応するのが「セーフティステーション活動」です。2017年には、全国4,325店で高齢者を保護し、警察やご家族に連絡しました。急病の方などの保護や振り込め詐欺の通報などにも対応しています。
また、社内では厚生労働省の推進する「認知症サポーター」の養成講座を開催しています。認知症の方への対応に努め、地域で安全・安心なお店を目指しています。

地域を見守る「安全・安心の拠点」

セブン‐イレブンはお客様に商品やサービスをご利用いただくだけではなく、社会のインフラとしても 大きな期待が寄せられています。お店では「安全・安心な街づくりに協力」するため、「セーフティステーション活動」にも力を入れており、緊急事態に遭遇した女性や子どもが駆け込んだり徘徊している 高齢者の方を保護するなど「街の見守りの拠点」でもあります。これらの活動や取り組みを知っていただくことで、もっとお店を身近に感じて、ご利用いただけるよう地域の皆様や行政に働きかけを行っています。(渉外部 服部マネジャー)

セブン銀行ATM(海外送金・多言語対応)

海外からのお客様も安心してATMを利用していただけるよう、セブン銀行ATMでは海外で発行されたキャッシュカード、クレジットカードでの日本円引き出しに対応しています。ATMをスムーズにご利用いただくため、画面表示や明細票などは12言語で表示可能です。
また、セブン銀行口座をお持ちのお客様で、海外にご家族や知人がいらっしゃる方を対象に、「海外送金サービス」を提供しています。ATM取引画面や、お客様窓口となるカスタマーセンターでは9言語に対応しており、日本にお住まいの外国人のお客様にも安心してご利用いただけます。さらに、「海外送金アプリ」では、送金レートの確認や、送金手段に関する動画の閲覧、世界各国の受け取り拠点の検索も可能で、海外送金のサービスをより便利にお使いいただけます。

お客様から寄せられたご意見

時間が有効に使えるようになりました

これまで、夜勤明けに銀行の窓口に並んで海外送金をしていたけれど、セブン銀行を利用するようになって、近くのATMから安い手数料で送金できるようになり、しかもすぐにお金が届くので非常に助かります。

急な出費でしたが助かりました

母親が入院しなくてはならず、入院費用が前払いだったのですが、日本のセブン‐イレブンATMから送金し、病院の目の前の代理店で受け取ってもらうことができました。

銀行窓口より非常に便利

これまで銀行窓口での海外送金では、毎回、大量の書類や身分証明書を持って、外国為替の取り扱いのある支店を探し、朝一番で銀行に行き、並んで、30分以上かけて送金し、受け取りを済ませるまでに2週間くらい要していました。セブン銀行はまさに「送金革命」で、外国人の送金スタイルを変えました。

page top

PAGE TOP