トップ > CSR > ステークホルダーの立場に立って > お取引先さま > 安全・安心に向けた連携


 

安全・安心に向けた連携

セブン-イレブンの専用工場で商品を製造

安全で品質の高いオリジナル商品を開発するため、創業期からお取引先さまにセブン-イレブン専用工場の運営を依頼。店舗の近くに専用工場を設置することで、配送効率を高めながら、より新鮮な商品を店舗にお届けするセブン-イレブン独自の仕組みをお取引先さまとともに構築しています(デイリー商品専用工場比率約92%)。

品質レベルの維持・向上のため「HACCP」を採用

セブン-イレブンの専用工場では、宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理手法「HACCP」を元に独自の安全基準を策定しています。現在も約140項目にわたる基準を定期的にチェックしており、生産工場の品質管理レベルは年々向上しています。

「チームマーチャンダイジング」の取り組み

お店に並べられた商品のなかには、セブン‐イレブンとお取引先さまが一体となって開発したものが多くあります。代表的なものが売上の約3分の1を占めるファスト・フードです。より良い味や品質を求めるお客さまのご要望にお応えするため、和、洋、中華の料理専門家の協力をいただき、味つけや調理法などにプロの技とこだわりを取り入れています。

また、加工食品を中心にメーカーさまとの共同開発商品にも力を注いでおり、セブン-イレブン独自の品揃えを実現しています。さらに、化粧品、肌着、日用品、小物など、さまざまな世代を中心としたお客さまに満足していただけるオリジナル雑貨も充実させています。こうした連携からセブン-イレブンのヒット商品は生まれています。