株式会社セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

自衛隊からオーナーへ

  • 自衛隊からオーナーへ!
  • ー経験を最大限に活かして独立開業を実現ー
  • 自衛隊からオーナーへ!
  • ー経験を最大限に活かして独立開業を実現ー

ご存知ですか?自衛官のスキルはオーナーの店舗経営において最大の強みになります。

  • ご存じですか?

    自衛官のスキルは
    オーナーの店舗経営において最大の強みになります。
  • 具体的にどのような経験が強みになるのでしょうか?

自衛官のこんな経験が活かせます

「情報の収集・分析〜作戦立案」は、お店経営と同じ
本部からの情報、天気や地域イベントのなどの情報、競合店の取り組み、配達の際にお客さまから得られる情報…お店経営をしていると、日々さまざまな情報に触れることになります。こうした細かな情報をパズルのように作戦としてひとつにまとめていくのは、自衛隊でいう情報の収集・分析〜作戦立案にあたり、計画的なお店づくりに役立てることができます!
「整理」「整頓」「清掃」「清潔」で、お客さま満足を向上
二つ以上あるものは揃える、気付いたらすぐ清掃といった自衛隊時代の習慣は、お客さまに気持ちよくお買い物をしていただくことにつながります。これはサービス業の基本中の基本。これらが自然と身に付いているので「いつも綺麗なお店ね」とお客さまから好評です!
「定位,定品,定量」で、従業員の働きやすさアップ
商品の情報、接客マニュアルといった書類、掃除道具など、決まった場所に保管すると、ここぞというときに従業員の行動がスムーズになります。床にコーヒーがこぼれているのに気付いたら、定位<コーヒーマシーンのそばに>、定品<ふきんを>、定量<一枚必ず置いておく>という仕組みを作っておけば、従業員が自ら動くことができます。仕事の効率もアップ働きやすさにつながります。
慣れない仕事こそ、体調管理が大事
不眠不休の活動、長年の訓練で培った体力と精神力は、経営者として大きなアドバンテージです。いざというとき持ち前のパワーで乗り切るオーナーは頼もしいと、従業員からの支持も高いです!
的確な情報伝達力で、人材育成
新人に必ずメモを携帯させたり、仕事の手順や要点を5W1Hで伝えるといった自衛隊時代の教育法は、従業員教育にも共通するところ。「あれをやれ」「注意しろ」と口うるさく、頭ごなしに言うのではなく、遠回しに注意を促したりきちんと話を聞くなど「認めて」「褒める」コミュニケーションは従業員の成長・やりがい醸成につながります!
良いお店を保つ、高い規律と使命感
何よりも大切なのは、「自分のお店を良くしたい」「掲げた目標に向かって前進する」といった使命感。未経験ですから最初は商品のことも経営のことも分からないことだらけかもしれません。でも知らなくて当然なんです。必要なことは本部がしっかりしてくれるので、大丈夫。持ち前の高い規律をもってとにかく前へ突き進んでください!サポートしてくれるので、大丈夫。持ち前の高い規律をもってとにかく前へ突き進んでください!

先輩オーナーの声1

川越純隆 オーナーの場合
札幌八軒1条東1丁目店 2014年8月オープン

整理整頓や規律順守はお店づくりの基本だと思っています。
身だしなみを整えること、商品の一つひとつがどこにあるのか誰が見ても分かるように。


自衛隊は何かがあったときすぐに行動しなければならず「あれ、どこだったかな?」なんて言っていられませんよね。こうした点をお店にも応用すると、お客さまからの問い合わせにもスピーディーに対応ができますし、スタッフも戸惑うことなく、のびのびと働けるようになるんです。


また、シフト交代時の朝礼では、必ず「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と大きな声で挨拶をすることで、スタッフに気持ちの切り替えをさせています。ときどきシフトの時間に遅刻してくるスタッフもいますが、そういうときは頭ごなしに叱りつけるのではなくやんわりと注意を促しています。自衛隊時代の部下の教育を思い出しながら、できるだけ褒めて育てるようにしています。


先輩オーナーの声2

高玉健 オーナーの場合
大崎古川稲葉店 2010年1月オープン

お店を経営する上で、何より大事なのは体が健康で丈夫なこと。
自衛隊時代の徹底した自己管理は何をおいても必要なことだと思います。


また仕事の面でも、幕僚時代の考え方は活きています。特に作戦の企画立案・実施という点。品揃え、発注などは作戦の企画立案にあたります。エリア特性、顧客層に加え、気温・雨天といった天候、歳時イベントなどから販売予測(仮説)を立て発注していきます。結果として品切れが起きないようにしていくという点は共通性があり、仕事そのものは違いますが重要であると感じています。


こうした商品をいかに売っていくのか?は作戦の実施にあたるもので、それによりスタッフの配置やお店全体の動きを変えていきます。うちのお店の場合、近所に小学校があり、運動会や子供会のスポーツ大会、少年野球などが多く行われますが、そういうイベントの情報は日々チェックし、おにぎりや飲み物などの品揃えを強化しています。


インタビュー動画

周藤辰雄オーナーの場合
玉村五料店 2006年12月オープン
伊勢崎宮子西店 2013年8月オープン

インタビュー動画

周藤辰雄オーナーの場合
玉村五料店 2006年12月オープン
伊勢崎宮子西店 2013年8月オープン

⇒ コンビニ経営者(コンビニオーナー)の1日に密着!