気になる質問コーナー(奥様編)

気になる質問コーナー(奥様編)

コンビニ経営に際して、不安や心配なことはありませんか?
オーナー様の奥さんに「本音」をお伺いしました!

家庭との両立は大変ですか?

    • 奥山暢夫・陽子 ご夫妻

      横手松原町店 (2012年7月27日オープン)
      奥山暢夫・陽子 ご夫妻

    • 横手松原町店 (2012年7月27日オープン)
      奥山暢夫・陽子 ご夫妻

      お客さまからは「大変ね」と言われますが、1日のサイクルに慣れてしまえば何とかなるもの。朝は家族みんなで朝食をとり、子どもを学校に送り出してから出勤。洗濯やアイロンがけなど家事は帰宅後にやっています。 もちろん疲れてしまうこともあるけど、そういうときは家族の助けを借りたり、ときには手を抜いて(笑)。すべてを100%でやろうとしないことはポイントかもしれませんね。

    • 野口義生・みどり ご夫妻

      浜松布橋2丁目店 (2003年2月28日オープン)
      野口義生・みどり ご夫妻

    • 浜松布橋2丁目店 (2003年2月28日オープン)
      野口義生・みどり ご夫妻

      家族との時間は「つくるもの」自然と出来るものではないんですね。私は朝~夕方、夫は夕方~夜とシフトを分けていますので、当然すれ違い。でも入れ替わるタイミングの夕方だったら、なんとか一緒にいられる時間をつくることができる。そこで私はその時間を一緒に夕食をとる時間と決めて、コミュニケーションを取るようにしています。

    • 迫智晴・美知子 ご夫妻

      倉敷水島明神店 (2002年5月29日オープン)
      迫智晴・美知子 ご夫妻

    • 倉敷水島明神店 (2002年5月29日オープン)
      迫智晴・美知子 ご夫妻

      オープン当初は、早朝から夕方6時までシフトに入り、その後は夫と交替。そんなすれ違いの生活でしたので、「週に1回は家族で夕飯を食べる」というルールをつくり、家族との時間を意識的にとるようにしていました。オープンから10年、現在は任せられるスタッフも育ち、勤務時間の短縮ができ、休みも取れるようになりました。独立前よりも家族が一緒にいられる時間は増えたと思います。

    • 安達薫・喜代美 ご夫妻

      葛飾水元3丁目店 (1996年5月6日オープン)
      安達薫・喜代美 ご夫妻

    • 葛飾水元3丁目店 (1996年5月6日オープン)
      安達薫・喜代美 ご夫妻

      私のモットーは「メリハリよく!」。私も家に帰ればひとりの主婦ですから、掃除、洗濯、食事の支度などの家事もこなさなければなりません。 お昼休みは自宅に戻り主婦業に徹し、再びお店に。大変そうに聞こえるかもしれませんが、こうしてメリハリよく動き回っている方が私の性に合っている気がします。これが若さの秘訣?だったりもするんですかね(笑)。

子育てに不安はありませんでしたか?

    • 高橋仁・智香 ご夫妻

      大阪新今里4丁目店 (2005年2月18日オープン)
      高橋仁・智香 ご夫妻

    • 大阪新今里4丁目店 (2005年2月18日オープン)
      高橋仁・智香 ご夫妻

      やはり子どもたちのことは気がかりでした。まだ幼稚園に通う幼い子たちでしたから。そこで私は「今までとは違う生活になる」ということを、子どもたちとじっくり話をすることにしました。子供たちも「一緒にいられる時間が減ってしまう」ことは分かったようです。それだけでも気持ちはだいぶラクになりましたね。それからあと一つ、決め事をつくりました。「夕飯は家族みんなで食べること」です。そうして子どもたちとの会話を絶やさないようにしたのです。オープンから8年、一番下の子はもう小学生。今では私たちの強力なサポーターです!

    • 澤田陽介・景子 ご夫妻

      野々市矢作北店 (2010年7月26日オープン)
      澤田陽介・景子 ご夫妻

    • 野々市矢作北店 (2010年7月26日オープン)
      澤田陽介・景子 ご夫妻

      子どもが生まれたばかりでしたので、不安はありました。ですから、周囲からの手助けは本当にありがたいものでした。お義母さんが子どもの面倒をみてくれたり、家族みんなが私たち夫婦のチャレンジに手を差し伸べてくださった。これがなければ、やっていけなかったと思いますし、そもそも独立に踏み切れなかったかもしれない。家族、周囲の方々、そしてお客さまに心から感謝しています。

    • 橋村千代治・久美子 ご夫妻

      野洲栄店 (1999年2月28日オープン)
      橋村千代治・久美子 ご夫妻

    • 野洲栄店 (1999年2月28日オープン)
      橋村千代治・久美子 ご夫妻

      セブン-イレブン経営をはじめる前は、午前中はパートに出て、午後は家のことをするというごく普通の主婦。この生活が180度変わることになったわけですから、慣れるまでは正直大変でした。お店と自宅は車で15分くらいなのですが、子どもの塾の送り迎えや食事の支度など、その都度行ったり来たり。特に下の子は中学に入ったばかりで、心配な時期でもありました。でも、そんな子どもたちも今は成人し、ひとりの息子は主力スタッフとしてお店を手伝ってくれています。

    • 佐治 伸紀・利恵子 ご夫妻

      名古屋椿町店 (2006年2月28日オープン)
      佐治 伸紀・利恵子 ご夫妻

    • 名古屋椿町店 (2006年2月28日オープン)
      佐治 伸紀・利恵子 ご夫妻

      当時子どもがまだ6歳と3歳で、子育てとの両立については正直不安でした。でも親や周囲の不安をよそに、子どもの方が強くなって。早いうちから留守番できるようになりましたし、病気だってしなくなりました。自立した子どもたちをみると頼もしく感じます。

休みは取れていますか?

    • 野口孝一・由美 ご夫妻

      東大阪川田一丁目店 (2010年2月26日オープン)
      野口孝一・由美 ご夫妻

    • 東大阪川田一丁目店 (2010年2月26日オープン)
      野口孝一・由美 ご夫妻

      私はどちらかというと専業主婦でいたかったんですよ(笑)。それまでの生活にとても満足していましたし、何より「しっかり子どもとの時間をとりたい」と思う私にとって、それ以外の選択肢は考えられなかった。でも、夫の「3年間は休まず頑張る!」という強い意志を聞いて気持が変化していき「週休二日・17時上がり」と勤務時間を区切って頑張ってみることにしたんです。なかなか時間どおりにはいかないものですが、今では、夫やスタッフに協力してもらいながらうまく時間をやりくりできるようになりました。

    • 齋藤昭彦・栄 ご夫妻

      九段北4丁目店 (2006年8月23日オープン)
      齋藤昭彦・栄 ご夫妻

    • 九段北4丁目店 (2006年8月23日オープン)
      齋藤昭彦・栄 ご夫妻

      心配はありましたが、休みは取れています。休日は、夫婦ふたりで趣味のゴルフへ行きます。

    • 合田信・順 ご夫妻

      神戸水木通店 (1997年11月13日オープン)
      合田信・順 ご夫妻

    • 神戸水木通店 (1997年11月13日オープン)
      合田信・順 ご夫妻

      コンビニ経営というと、24時間休めない、キツイ・・・というイメージがあるかもしれません。オーナーさんそれぞれのやり方もあるかと思いますが、少なくとも私たちのお店ではそんなイメージとは無縁ですね。それが実現できるのは、信頼できる従業員さんがいるからこそ。年に2回は夫婦揃って長期休暇もいただいていますし、普段から家事も手を抜きません!(笑)そうそう、今度、お店で初めて、従業員さんと一緒に研修旅行でソウルに行くんです。お店では、今からその話題でもちきりです!

    • 飯田幸雄・千賀子 ご夫妻

      津市上浜町3丁目店 (2008年8月31日オープン)
      飯田幸雄・千賀子 ご夫妻

    • 津市上浜町3丁目店 (2008年8月31日オープン)
      飯田幸雄・千賀子 ご夫妻

      24時間営業だったので労働時間の長さが不安でした。でも、実際にオーナーになり1年後くらい経ってからその不安は払拭されました。確かに1年目は何でも自分でやろうとし、ほとんどお店に入りっぱなしでしたが、スタッフに仕事を任せるようになって生活のリズムが変わりました。今は休みもしっかりと取っていますし、ほぼ毎日20時くらいには帰宅できている状況ですね。

⇒ コンビニ経営者(オーナー)の1日に密着!