近くの説明会日程を探す
近くの説明会日程を探す

株式会社セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

野々市下林3丁目店(石川県)での独立開業(オーナーインタビュー)

  • 卸問屋営業 ⇒ オーナー異業種からのチャレンジ!

    成岡靖浩・美加さん ご夫妻
    野々市下林3丁目店(石川県)
    2012年12月14日オープン

一度きりの人生、自分の殻を突き破って勝負をかけていきたい。

つねにチャレンジの心を忘れないという成岡オーナーさま。前職での経験をもとに様々な取り組みを実践され、お店はいつでも賑やかな雰囲気です。日頃のお店づくり、これからの夢などを伺いました。

  • オーナーインタビュー
  • オーナーインタビュー

24年卸問屋にご勤務されていたそうですが、オーナーへ転換しようと思ったきっかけは?
靖浩オーナー: 前職では日用雑貨や化粧品などの卸で、得意先である大手小売チェーンやスーパー、ドラッグストアなどをまわり、商品のご案内や品揃え、キャンペーンなどの提案を行っていました。バイヤーさんたちと一緒に売場づくりをするのは楽しくて、結果もすぐに目に見え刺激的でした。そのうちに少しずつ自分だったらこういう売場をつくりたいな、売場の一角だけではなくお店全体を動かしてみたいなと思うようになっていったんです。自分の好きな仕事を突き詰めていったら、「自分でお店をやる」ことに行きついたという感じですね。長年勤めた会社を辞めるのは正直勇気が必要でしたが、一回きりの人生だ!自分を変えたい!という気持ちが勝り、自分のお店を持つという道に飛び込みました。
実際にオーナーになってみて、当初の思いは実現できていますか?
靖浩オーナー好きではじめたことですから、不安はほとんどありませんでした。当然売上の部分はどうなるかな?というのはありましたが、それは後からついてくるはず、まずは目の前のことに一生懸命取り組もうとやっています。オープンして丸3年経ちましたが、いろいろ試行錯誤しながらお店づくりをするのはやっぱり楽しいです。「これはいける!」と、自分がピンときた商品を大量に仕入れて売場やポップをつくり、実際にお客さまにご案内して売り切ることができたときなんて一番嬉しい瞬間です。つい先日も、リニューアルしたメロンパンを1日で70個ほど売り切りました。ふだんは数個売れるか売れないかなんですが、こうして仕掛ければお客さまの反応は10倍にも膨らむ。これは本当にオーナーとしての醍醐味だと思います。
お店づくりのこだわり、大事にしていることはありますか?
靖浩オーナー: お客さまの声を大事にすることです。スーパーやドラッグストア、ホームセンター…など、小売店は数多くありますが、コンビニはお客さまにとって身近で気軽な存在だと思うんですね。毎日のようにご来店いただくお客さま、ちょっと時間つぶしに立ち寄られるお客さま、そんな日常使いをしてくださるお客さまにとって、当たり前のものが当たり前にあるお店でなければならないと考えています。自分自身が思い描くお店である一方、お客さま一人ひとりにとって理想のお店でありたいと思うのです。そのためには直にお客さまに「何か欲しい商品ありますか?」と聞くことも。そんな声から揃えた商品が、定番商品となることも珍しくありません。
  • 奥さまインタビュー
  • 奥さまインタビュー

独立のお話を聞いて奥さまは?
美加さん: めちゃくちゃ反対でした。私自身、26年間正社員で仕事を続けてきて、やりがいも愛着も感じていました。会社員は給料の面でも安定しているし、休暇もしっかりとれるし…妻としてはこれまでの基盤を投げ打ってまで、新しいことにチャレンジするのはどうなのかしらと思っていました。でも夫の熱意ある説得が1年ほど続き、本気でオーナーになりたいという夫の強い意志を感じた事から、最後は「バックアップしてあげよう」という気持ちになりました。不安は不安でしたが、夫の前職での経験もあるしまずは付いていこう、そう思いました。
お店づくりのこだわり、大事にしていることはありますか?
美加さん: お店のお隣は高校があり、朝昼夕方と多くの学生さんがご来店されます。とくに放課後や部活が終わった時間などは、団体でわいわいとやってきてお店は一気に活気づきます。最近では、サッカー部がきたから、もう少ししたら野球部がくるかな?とか分かるようになり、その時間に合わせてからあげ棒とか多めに用意して「揚げたてですよ〜」と声をかけるんです。すると、あっという間に完売。売れるのはもちろん嬉しいのですが、お腹ペコペコの学生さんたちが美味しそうに召し上がってくれるのを見るのはもっと嬉しいんです。今私が大事にしているのは、お客さまにどうしたら喜んでいただけるだろう?と先読みをすること。それができるようになって仕事もますます楽しくなりました。
  • おわりに
  • おわりに

最後にアドバイスやメッセージをお願いします
靖浩オーナー: お店を持って丸3年。軌道に乗りお店づくりを楽しむ日々ですが、もっともっとチャレンジしていきたい思いはあります。売上を伸ばし店舗も増やしたいし、いずれは会社にして優秀な人材を育てていくこともしていきたい。夢は広がりますね。当然チャレンジにはリスクは付きもの。でも人生って一回きりじゃないですか。勝負しなければもったいないって思うんです。セブン‐イレブンは自分のやりたいことを形にして自分自身を進化させていける場所。自分の人生を自分で切り拓いていきたいという方、ぜひ一緒に夢を追いかけましょう。

オーナーインタビューピックアップ特集