近くの説明会日程を探す
近くの説明会日程を探す

株式会社セブン-イレブン・ジャパン 株式会社セブン-イレブン・ジャパン

岐阜東島2丁目店(岐阜県)での独立開業(オーナーインタビュー)

  • 製造業 ⇒ セブン‐イレブンオーナー

    三島栄二・絹さん 親子
    岐阜東島2丁目店(岐阜県)
    2015年2月27日オープン

開業資金に関してしっかり相談にのってくれたから決心できた。
将来カフェを開業するために、ここで経営を学びたい。

OPENから2年8ヶ月目時点の取材

独立に踏み切れなかった一番の理由だった開業資金に関しては、開業後のお金シュミレーションも含めてしっかり相談に乗ってくれたので、自分の中で決心がつきました!やりくりしての開業でしたが、初月から前職サラリーマン時代の給与は超えていたのには驚きでしたね。

  • オーナーインタビュー
  • オーナーインタビュー

転職活動をされていたそうですね。
最初の説明会参加は軽い気持ちで。資金が足りなかったのでその時はそのままに。
栄二オーナー: 最初に転職活動を始めたのが、2014年の2月頃でしょうか。今の仕事のまま続けていても出世できる期待が持てず、お給料もあまりよくなかったのがきっかけですね。独立にも目が向いたのは、これまでは従業員として給与もらっていましたが、自分が経営者になるのは、また違った働き方でおもしろそうだと思っていたんです。
説明会は身構えることもなく軽い気持ちで参加しました。セブン-イレブンだけでなく、他のコンビニの説明会も行きましたよ。
でもその時は、自分の資金が足りなくて参加しただけで終わったんですよね。
低資金での独立方法もあったと思いますが、その時はピンとこなかったのでしょうか?
まるでデパートのような店内、やるならセブンがよかった。
栄二オーナー: 住んでいる地域にすべてのコンビニはあったので商品は見ていましたが、セブンができた時に「あ、すごいな」って思ったんです。お客としてセブンに入った時の雰囲気が違うんです。商品がきちっと並んでいて、まるでデパートに来たような感覚でした。商品展示会にも参加させてもらいましたが、すごく商品に力をいれてるんだな、コンビニなのにここまでお客さまのことを考えて商品をつくっているのはすごいなって。
それで、やるならセブンのほうがいいな~って思っていました。
一番のネックだった資金の問題はどうやって解決できたのですか?
素直に資金がない不安を話したら、資金シュミレーションをして、とことん話し合ってくれました。
栄二オーナー: やはり仕事をやめるということは、収入が不安定になるというか保証がなくなるので、お金がない状態での独立は一番不安でした。
本当は一度、断るつもりで担当の方に会いに行ったことがあったんです。でもその時、素直に資金がないことの不安を話したら、しっかりシュミレーションしてくれて。覚えていませんが、あの時の打ち合わせは長い時間かけていたんでしょうね。資金の流れをしっかり話し合って、良いだけの話だけでなくリスクのことも色々話し合ったんです。
こんなに親身になってくれる人がいることや、今のやりたいという気持ちがある今が、チャンスじゃないかなと自分でも思えたので決心できました。
結果、独立をされてよかったと思いますか?
いつかカフェを経営したい、そのために経営ノウハウを学びたかった。
栄二オーナー: よかったと思っています。今やっていることはすごく楽しいので! 新商品が毎週出て、それをどういうふうに売って、発注して、どう売るかを打ち合わせして。お店の中でも1年中変化があるので、その変化がすごく楽しいですね。
もともと、セブンをやりたいというのが最終の目的ではないんです。いつかカフェをやりたいと思っていて。その目標の途中経過としてセブン-イレブンを経営して、店舗経営のノウハウを学んで、ついでにお金も貯めていく予定です。
セブン-イレブンにはOFC※さんがお店の経営をサポートしてくれる体制があったので、初めての独立でも安心できたんですよ。サポートが手厚くて、成功する確率が高いのであれば最初はここでやろうと思いました。
※OFC=店舗運営相談員
経営ノウハウは学べていますか?
1人で独立していたら教えてもらえなかったことを、たくさん学んでいます。
栄二オーナー: そうですね。発注方法に関してもそうですけど、いろんな免許があることを知り、それを取りに行くことから学べています。
食品、お酒の取り扱いももちろん、従業員さんの雇用保険や労災などもそうです。お店を経営するにあたって、何が必要なのかひとつずつわかってきた感じです。
こういうことが1人だと誰も教えてもらえなくて、自分で勉強してやらなきゃいけないのかと思うとかなり違いますね。それに比べればかなり安心して学べました。
  • 奥さまインタビュー
  • お母さまインタビュー

息子さんをサポートすると決めた理由は?
親ですからねぇ。でもセブンであれば自信を持って親戚にも報告できました。
絹さん: 2人でやらなきゃいけない、身内じゃないとできないとかだったので。親ですからね、息子のやりたいことに付き合うのも仕方ないかなって思いでした。
いろんな心配はありましたけど、コンビニの中で選ぶならセブン-イレブンだと思うので、いいかなと。親戚やまわりの人に言うのに、セブン-イレブンをやるっていうのは、多少は自信をもって言えるのかなって。
独立されてから、息子さんに変化はありましたか?
昔に比べて頑張ってますし、やる気あるなって思います。
<
絹さん昔に比べて、やる気はあるな~って思いますね。イキイキはしていますが、疲れていないかと親だから心配もしています。
でも、私の考えと違うところはあるので、あまり口出ししないようにしているのですが、影ながら応援しています。
  • お二人に
  • お二人に

心配されていた資金や収入は変わりましたか?
実は、初月から前職の給与を超えていました。
栄二オーナー: だいぶ変わりました。開業にあたり、もらえる金額を設定するのですが、その時点でもう前職の給与を超えてました。
実は、もっとセブン-イレブンの本部にとられてしまうのかなと思っていたんです(笑)。今年で開業資金のやりくりも落ち着きましたし、今からの収入は増えていく予定です。
お休みはとれていますか?
1日まるっと休みではなく、合間に抜けています。今はこれで苦になっていません。
絹さん: 本当はとってもいいんですけど、今は毎日お店に来ています。でも、そこは苦になっていないのでいいのかなと思っています。
1日がっつり休んでとかではなく、友だちもお店によく遊びに来てくれているので、そのタイミングで少し出かけてご飯に行ったりできていますから。シフトに入ってレジをする仕事ではなく、発注管理などがメインなので、縛られている働き方ではないです。
これからの人生の目標は?
まずは15年、そして2店舗目へ。
栄二オーナー: まずは契約の15年をやりきること!
あとは、せっかくやるなら2店舗3店舗やってください、そのつもりでお店をやってくださいと最初に言われていたので、2店舗目をできるようになんとかしていきたいかな~と思っています。
2店舗を持てば、それはそれで違う課題が出てきたり、経営ノウハウが学べるかなと思っています。

<インタビュー後 コメント>
転職活動のひとつとして説明会へ参加した。いつかカフェをやるために、経営を学びに独立を決めた。
様々な目的があって、これもフランチャイズならではのひとつの手段だと思わされました。でも、目標や目的がしっかりしているぶん、今の仕事を楽しめていることがオーナーにとっても良い結果になっているようでした。これもひとつの考え方ですね!

    • 担当ライター:とがしみきこ

      リクルート関連の求人制作業務にて、あらゆる業種の取材・コピーライティングなどを数百本経験。現在はWEB業界にて様々な企画、デザイン、取材、コピーライティングを担当している。

      担当ライター:とがしみきこ

      リクルート関連の求人制作業務にて、あらゆる業種の取材・コピーライティングなどを数百本経験。現在はWEB業界にて様々な企画、デザイン、取材、コピーライティングを担当している。

オーナーインタビューピックアップ特集