近くの説明会日程を探す
近くの説明会日程を探す

岐阜中うずら7丁目店(岐阜県)での独立開業(オーナーインタビュー)

  • 大手ハンバーガーチェーン店長 ⇒ 鍵職人 ⇒ セブン‐イレブンオーナー

    鈴木友生・純子さん ご夫妻
    岐阜中うずら7丁目店(岐阜県)
    2015年4月24日オープン

ネットでいろいろな書き込みを見たので、最初不安はありましたよ。
でも本部の支援サポートが素晴らしく、間違っていないと思えました。

OPENから2年6ヶ月目時点の取材

この店をOPENしたとき、本部の方からノウハウを全部教えてもらったんです。いくら接客業の経験があるといっても、こういう仕事は素人じゃないですか。本部の支援のシステムがしっかりしていて親身になって教えてくれたので、これだったら信じてついていけば大丈夫だなと思いましたね。

  • オーナーインタビュー
  • オーナーインタビュー

前職は大手ハンバーガーチェーンで店長の経験もあるそうですね。
店長経験があるからこそ、やるからには自分の店を持ちたいと思うようになったんですよね。
友生オーナー: 大手ハンバーガーチェーンに新卒で入社し、24年間働いていたのですが、やるからには自分の店を持ちたいと思うようになったんです。それで退職し、妻の実家稼業の鍵職人へと転職したんです。
手に職をつけるのもいいなと思ったのですが、どうも性格的に待ちの営業が落ち着かなくて(笑)。色々動き回りたくなったり、お店のレイアウトを考え出したりしちゃうんです。そこで、前職店長時代の同僚が経営していたことがきっかけで、セブン-イレブンの説明会に行くことに。
元同僚の方からはどんなお話を聞いていたのですか?
とにかく楽しそうでした。
友生オーナー: 一緒に会って食事したり話を聞いたりしていたのですが、セブン-イレブンはいいよ!とずっと言っていました(笑)。
やりなよ!と言われたことはないのですが、こんなメリットがあるとか前職店長の経験があれば人材の育成や管理もそんなに違和感なくできるからと聞いてはいました。
本人を見ていると結構楽しそうに仕事をしているし、毎日お店にずっといないといけないという感じではなかったし、良く見えましたね。
そのうえでの説明会へ行かれたご感想は?
ネットで色々調べて、不安になってしまったんです。
友生オーナー: 実は、かえって不安が大きくなりました。彼だからうまくいっているのであって、経営することはそんなに甘くないなって感じたんですよ。
今はインターネットがあるので、コンビニの良くない書き込みも見てしまうじゃないですか。朝から晩までオーナーさんがお店にいるのが現実なのかな?と疑心になってしまったんですよね。
まわりのオーナーさんはあんなに楽しそうに仕事しているのに。
その状態から、どうして契約に踏み切ったのですか?
凄い会社の規模やブランド力の迫力に、安心できました。
友生オーナー: 商品展示会に招待されたので行ってみると・・・凄い会社だなと思ったんです。
展示会のスケールの大きさや、展示商品の多さも凄いのですが、それ以上に会場に来ているオーナー、店長、従業員さんの数。展示会場にいる本部の方の数も多くて。どれをとっても業界TOPブランドだと感じさせる迫力でした。
しかも想像していたよりも、若い社員の方もたくさんいらっしゃって。その後に妻と一緒に再度オーナー募集説明会に行ったのですが、その時はもうやる気でしたね。
ちょうど年齢的にも50ぐらいなので、ちょっと思い切るならラストチャンスかなと(笑)。
今、セブン-イレブンを選んでよかったと思われますか?
セブン-イレブンでよかった。親身になってサポートしてくれる体制が、一番の理由です。
友生オーナー: この店のオープン時には、本部の方が一からノウハウを教えてくれたんですけど、それがホントに分かりやすかった。最初はとっつきにくいと思っていた人が、驚くくらい親身になってサポートしてくれて。
いくら接客業をやっていたといっても、コンビニの仕事はホントに素人じゃないですか。最初は何をしていいのか分からないような状態だったのを、完全にサポートしてくれました。
本部の支援システムがしっかりされているんだなと思って、これだったら信じてついていけば大丈夫だと感じられたんです。
  • 奥さまインタビュー
  • 奥さまインタビュー

セブン-イレブンの契約に不安だったことはなんですか?
急に店長なんて言われて、自分にできるのか?と・・・。
純子さん: 1つ目は、今までのんびり事務をやらせてもらっていたぶん、自分も一緒になって仕事をやらなきゃいけないのでは?という不安と、家のことがおろそかになる不安ですよね。
2つ目は、毎月ちゃんと生活していくための収入があるか
3つ目に、人に言われて動くのは苦にはならないのですが、何も出来ないのに店長と言われて仕事をしていくのはちょっと自信がないなと。
それでも奥さまがOKをした理由は?
知り合いの方がみんな楽しそうにオーナーをやられているんですよ。
純子さん: 主人がやりたいという意思も強かったですが、鍵屋さんで働いていた時は、あまり楽しそうではなかったのも気になっていました。何か悶々としているのが伝わってきてて。
それで、前職が大手ファーストフード店で、今セブンオーナーをやられている知り合いが何人かいらっしゃるので、話を伺ったりしたんです。そうすると、みなさんとても前向きに考えていました。もちろん、主人の友人からも「凄く楽しくやっています」というのを聞いていましたしね。もう私はついていくしかないので、仕方ないかな・・・って(笑)。
ご主人も楽しそうにやられていますか?
主人がこんなに接客が好きだったなんて、驚きです。
純子さん: 楽しそうですね。
店長というサラリーマン時代は、上からも下からも色々言われて自分の思い通りに動けないことが多くあったようですが、今は自分の思い通りに動いて、時間を使えているので楽しそうですよ。
自分のお店だからというのもあるんでしょうが、「今日オーナーさんいないの?」なんてお客様から言われると、喜んでお店に出ていって話をしているので。
  • お二人に
  • お二人に

お休みはしっかりとれていますか?
公休があるときより、自由な時間は増えています。
友生オーナー前職のときはちゃんと公休があって休みは取れていたんですけど、今は休みがないのに自由な時間は増えてます。
人によっては、ずっと休みなしで働かれているという方もいますが、なんとなくわかります。居心地がいいんだと思います。丸一日の休みがなくても苦にならないんですよね。なんだかんだと、外出したい時は外に出ていますし。

純子さん私はお休みをもらえているのですが、結局お店に来ちゃいます。
主人を手伝えば、少しは早く帰れるかな?とか、従業員さんたちがみんないたりすると、のぞきにきたりとか。
時間があるとお店に行っちゃう・・・お仕事の邪魔して迷惑ですね(笑)。
店長のご経験がある中で、セブン-イレブンが凄いと感じるところはありますか?
人材育成の即戦力化スピードは、今までにない。
友生オーナー: 人材の即戦力化ができるシステムが整っているところです。
バイト1日目の子でも、レジに立てばある程度の仕事ができるようになっている。セブン-イレブンは実践でお客さまに接して、仕事をやりながらスキルアップしていけるので、その辺が人材育成の仕組みとしてはかなり素晴らしいです。
ファーストフードの業界では、早くお客さまをさばくことが良いことだと思っていたので、一人一人のことを考える余裕がなかった。人手が足りないときには、敵に攻められてるような心境だったんです。今は、わざわざうちのお店を選んで来てくださってるんだなと思うと、自分の家にみんなが来てくれたんや~みたいな感じなんです。
お仕事をされて、お二人に変化はありましたか?
妻の肌つやが良くなったかな(笑)。
友生オーナー: 転勤が多い中でも友達を作るのは早いほうでしたが、今までと違って従業員さんも様々な年代の方がいますので、仲良くやっていけるか少し心配していました。環境の違う中でしたが、従業員さんの家族のことや学校のことを聞いたりして、うまく接してくれていますね。あとは、コラーゲンドリンクを飲んでいるせいか?肌つやも良くなっているように思います。
1日1回、可愛いって言うルーティーンを守って、もっと働いてもらおうと思います(笑)。
純子さん: 楽しそうにお客さんとしゃべる姿を見てびっくり!人嫌いだと思っていたので(笑)
今まで接客業に向いてないと思っていたんですが、お客さんと話をしている姿を見て接客業も好きなんだなと初めて知りました。
今後の展望は?
岐阜に、セブン-イレブンファンを増やしたい。
友生オーナー: 2店舗目はやりたいですね。
セブン-イレブンってまだ岐阜県では店舗数はそこまで多くないんですよ。だからこそ、大それた話ですけど、自分たちがセブン-イレブンのブランドイメージを広めて、セブンイレブンファンを増やしたいって思っています。やっぱり「美味しいね」って言ってもらえると凄く嬉しいんですよね。

<インタビュー後 コメント>
ハンバーガーチェーンをはじめとするファーストフード店ご出身の方は、実は多くいらっしゃいます。接客経験が活かせると思いがちですが、鈴木オーナーはまた別の視点でオーナーの仕事を捉えていらっしゃいました。いつも忙しくて家にもいなかったご主人。今度はずっと一緒に仕事をするようになって、改めてご夫婦の生活の発見もあるところが、とても微笑ましいオーナーご夫妻でした。

    • 担当ライター:とがしみきこ

      リクルート関連の求人制作業務にて、あらゆる業種の取材・コピーライティングなどを数百本経験。現在はWEB業界にて様々な企画、デザイン、取材、コピーライティングを担当している。

      担当ライター:とがしみきこ

      リクルート関連の求人制作業務にて、あらゆる業種の取材・コピーライティングなどを数百本経験。現在はWEB業界にて様々な企画、デザイン、取材、コピーライティングを担当している。

オーナーインタビューピックアップ特集