姫路鎌倉町店・姫路津田構店(兵庫県)での独立開業(オーナー様インタビュー)

  • 自動車部品商社 ⇒ オーナー異業種からのチャレンジ!

    村角壽保・智美さん ご夫妻
    姫路鎌倉町店(兵庫県)2002年5月31日オープン
    姫路津田構店(兵庫県)2008年2月29日オープン

業界未経験もなんのその。
夫婦でセブン-イレブン経営を楽しんでいます!

自分たちらしく、楽しくイキイキと働きたい!と、セブン-イレブンでの独立を選択した村角オーナー夫妻にお話をおうかがいしました。

  • オーナー様インタビュー
  • オーナー様インタビュー

セブン-イレブン経営を検討したきっかけは?
壽保さん:前職では自動車部品の商社に勤めていました。10年位前でしょうか、時代の変化とともに会社の体制や方針が変わり、人間関係で悩むようになったんです。正直、かなりストレスになっていました。それがきっかけで、新しい道を考えるようになりました。当時、姫路にセブン-イレブンはありませんでしたが、漠然と独立するならセブン-イレブンと考えていました。
開店した当初のエピソードを聞かせてください。
壽保さん:セブン-イレブンを始めた当初はとても大変でした。夜中に働いたことなんてなかったですから(笑)。しかし今思えば、いい経験だったと思います。オーナーとしてお店を経営するためには、それぞれの仕事をきちんと理解しないといけないと思います。従業員さんを育てる上でこの経験が、とても活きています。
セブン-イレブンのバックアップについて教えてください。
壽保さん:セブン-イレブンでは、おにぎりの100円セールやセブン-イレブンフェアなど様々なキャンペーンがあります。私たちがお客様を増やし、売上を拡大するために、本部がバックアップを行ってくれる。これは個人商店はもちろんのこと、他のチェーンではなかなかできないことだと思います。
今、どのような目標や夢を持っていますか?
壽保さん:子供たちにセブン-イレブンを引き継げたらいいですね。これが夢です。選ぶのは子供たちですが。私自身、今とても楽しいんですよ。儲かるかどうかももちろん大切ですけど、イキイキと働けている自分がここにいますから。
  • 奥様インタビュー
  • 奥様インタビュー

セブン-イレブン経営を検討したきっかけは?
智美さん:私は、主人がイキイキと働けるなら、応援したいと思っていました。セブン-イレブンの説明会が姫路で開催されるのを知り、夫婦そろって説明会に参加させていただきました。
セブン-イレブンのバックアップについて教えてください。
智美さん:それに、日々のお店の運営についてはOFC(店舗経営相談員)さんが足繁く通ってくれて、競合店の動向やセブン-イレブン他店舗の情報などを共有してくれる。一緒に近隣への営業活動もしてくれたりもする。本当に、セブン-イレブンで良かったと思っています。
今、どのような目標や夢を持っていますか?
智美さん:現在2店舗を経営していますが、チャンスがあれば3店舗目、4店舗目と考えています。そして日本中のセブン-イレブンで「あのお店はすごい!」って話題にのぼるようなお店を作っていきたいですね。
  • おわりに
  • おわりに

独立を検討している方へのメッセージをお願いします。
智美さん:成功するイメージを強くもってチャレンジしてほしいですね。
壽保さん:私たちはセブン-イレブン経営をやって、本当に良かったと思っています。自分らしくイキイキと働くということを大切にできていますから。ぜひセブン-イレブン経営を楽しんで欲しいと思います。
2012年2月24日 3号店「姫路津田今在家北店」がオープンしました!

オーナーさまインタビューピックアップ特集