西池袋4丁目店(東京都)での独立開業(オーナーインタビュー)

  • 百貨店 ⇒ オーナー小売業経験を活かしての独立

    石井玄悟・知子さん ご夫妻
    西池袋4丁目店(東京都)
    2007年1月16日オープン

コンビニ経営は、仕入れから販売まで、全てを自分の裁量でできる事が魅力!

百貨店に勤めていた頃に、小売業の面白さを知った石井オーナーさま。コンビニ経営は、商品の仕入れから販売まで、自分の裁量ですべての業務をできることに魅力を感じたそう。今回、「独立支援派遣制度」を利用して、ついに独立を果たしました!この制度の魅力について、率直な感想を伺います。

  • オーナーインタビュー
  • オーナーインタビュー

独立支援派遣制度を利用して、いかがでしたか?
オープン時には、店の業務がきちんと頭に入っていたこと。これが一番良かったですね。オーナーの仕事を、ある程度習得して独立できましたから。数ヶ月の派遣期間の中で、早朝から夜間までのうち一回でマスターできなかった業務も、再度その時間帯のシフトに入れてもらってトライできるなど、じっくりと仕事を覚えることができました。だから、いざオープン!となっても、あまり戸惑うことはありませんでしたね。「自分のお店をもったら、これを取り入れよう」「あんなことをやってみよう」と考えながら仕事をしていたので、良いイメージトレーニングになりました(笑)。
どのような方がこの制度に向いていると思いますか?
やりたい気持ちはあるけれども、どこかに迷いがある人にオススメしたいですね。何も実務を経験しないでオーナーになると、こんなはずじゃなかったと思うことがあるかもしれません。だから、実際の業務を通して、どこまで自分ができるのか、より具体的に理解した上で不安材料を減らして、オーナーになるという決断してもいいと思うんです。それに、一通り業務を経験してからスタートできるので、最初からある程度、自分の方向性をもって独立できると思いますよ。
派遣時代の経験で、現在の店作りに活かせていることは?
具体的には、商品の発注ですね。例えば、ある商品を初めて発注する時に、「どれぐらい売れるだろうか?」と迷うことがあるかもしれません。だけど、一度経験していれば、「絶対に売れるんだ!」と自信を持って発注することができます。経験がなければ、発注も躊躇しますよね?でも、私自身は、実際に経験して得た売り方などの成功体験のおかげで、ためらうことはなかったんです。現在は、派遣時代に得たノウハウを妻や従業員に伝えて、売り方やディスプレイを工夫しながら、自分たちならではの店づくりをしています。
  • 奥さまインタビュー
  • 奥さまインタビュー

なぜ、独立支援派遣制度を選んだのですか?
元々、コンビニ経営に興味を持っていたんです。それで、色々と調べていくうちに、セブン-イレブンのシステムに魅力を感じました。でも、子どもが生まれる直前だったので、今すぐオーナーになって子育てと両立できるのか不安でした。だから、この制度を利用して実際に働いてみることで、子どもが大きくなってからオーナーになった方がいいのか、独立の時期を見極めようと考えたんです。実際にオーナーの仕事を経験してみて、今独立しても大丈夫!と自信を持てました。それで、独立に踏み切ったんです。
  • おわりに
  • おわりに

オーナーを目指す方へのメッセージ
独立には、不安がつきものですよね。だから、そうした不安を払拭するためにも、この制度を活用するといいと思うんです。それに、「自分のお店を持ったらこうしていこう!」と考えながら仕事をしていくと、独立した後の生活がイメージしやすくなりますよ。また、オーナーの仕事を経験していくうちに、色んな面が見えてきます。その分、実際にオープンしてから戸惑うことが少ないはずです。だからこそ、もしも今、独立を迷っていらっしゃるのならば、この制度を利用してみてほしいと思います。石井オーナーが利用した独立支援派遣制度とは?

オーナーインタビューピックアップ特集