オーナーインタビュー ピックアップ

  • 前職はドライバーでした!

毎月更新されているオーナーさまのインタビュー内容から、ひとつテーマを持ってピックアップした特集になります。今回は「前職はドライバー」というオーナーさまをピックアップしております。実は、前職がドライバー職だったというオーナーさまが多かったため、前職を活かした成功の秘訣などをまとめております。

先輩オーナーの声1

  • 渡部真二・まみさん ご夫妻の場合
  • 松山美沢店(愛媛県)
    2014年7月31日 オープン
給与とやりがいを求めて転職を決意しました。
どのようなところにセブン‐イレブン経営の魅力を感じましたか?
真二オーナー: 前職は勤続13年、役職にも付き後輩の教育なども任されていました。でも給与とやりがいの面で、少しずつ自分が求めているものとズレを感じるようになり、転職を考えるようになりました。「セブン‐イレブンで独立」に興味を持ったきっかけは、知り合いの勧めがあったから。はじめて話を聞いたとき、すぐさま「これだ!これこそ自分がやりたいことができる!」と、熱い気持ちになりました。お店づくりのこと、商品のこだわりといった話は私をのめり込ませました。

続きを読む

先輩オーナーの声2

  • 軍原三千男・貴代さん ご夫妻の場合
  • 鹿児島和田1丁目店(鹿児島県)
    2012年2月10日 オープン
ドライバー職は定年まで続けるつもりでした。
以前からセブン-イレブン経営にはご興味がおありだったのですか?
三千男オーナー: 正直言いますと、定年までセールスドライバーの仕事を続けていくつもりでした。これまで22年間勤めてきた会社ですし、家族のことを考えると安心かなと思ったからです。ところが2011年にセブン-イレブンが鹿児島に初出店するというニュースが入ってきたと思ったら、同僚がお店を始めると言う。一気に興味を惹かれ、すぐに私も募集説明会に参加してみることにしました。参加後にはすっかり「今こそチャンスだ。鹿児島で"新しいセブン-イレブン"を自分の手でつくりたい」と、強く思っていました。

続きを読む

先輩オーナーの声3

  • 小川剛英・有希さん ご夫妻の場合
  • 名古屋柳瀬町1丁目店(愛知県)
    2012年5月31日 オープン
未経験の私でも入りやすいなと感じたのが決め手。
以前からセブン-イレブン経営にはご興味がおありだったのですか?
剛英オーナー: 前職で仲良くさせていただいていた先輩二人がセブン-イレブンオーナーとして独立していたので、よく話を聞いていたんです。私自身「いつまでもサラリーマンをやっていてもな」という気持ちがありましたので、先輩方のイキイキと話す表情を見ているうちに、興味を持つようになりました。

続きを読む