オーナーインタビュー ピックアップ

  • 他社のコンビニから乗りかえてきました!

毎月更新されているオーナーさまのインタビュー内容から、ひとつテーマを持ってピックアップした特集になります。今回は「他社のコンビニから乗りかえてきました!」というオーナーさまをピックアップしております。他のコンビニ経営を知っているからこそ話せる内容をまとめております。

先輩オーナーの声1

  • 渡邉 仁志・直穂美さん ご夫妻の場合
  • 岐阜領下2丁目店(岐阜県)
    2009年7月16日 オープン
「同業だからこそわかるセブン-イレブンの強さ」
セブン-イレブン経営を検討したきっかけは?
「同業だからこそわかるセブン-イレブンの強さ」を痛烈に感じながら仕事をしていたのを覚えています。いやぁ、本当に強いんですよ。その頃から、もし将来的に独立するのであれば「セブン-イレブンで」と思っていました。近年、セブン-イレブンは更に強くなるわけです。

続きを読む

先輩オーナーの声2

  • 森下順生(ヨリオ)・淳子さん ご夫妻の場合
  • 松山西垣生店(愛媛県)
    2014年3月14日 オープン
業界トップクラス企業としての力を実感します。
他チェーンのコンビニ経営からの転換とのことですが?
コンビニ経営は10年以上前にはじめ、最後は4店舗を経営していました。どのお店も安定しており満足していたのですが、あるとき県外に行ったときに松山にはまだなかったセブン‐イレブンにはじめて訪れ、そのお店の綺麗さ、品揃え、商品の美味しさ・新鮮さ…あらゆる点に衝撃を受けました。
近いうちにこのセブン‐イレブンが進出してくることは知っていましたので、脅威も感じました。

続きを読む

先輩オーナーの声3

  • 佐藤岳夫・典子さん ご夫妻の場合
  • 秋田にかほ象潟店(秋田県)
    2015年5月1日 オープン
秋田の進出を聞いてすぐに決断しました。
以前もコンビニエンスストアを経営されていたんですね。
父が土産物屋を営んでおり、20代でこのお店を継ぎました。ただ商売柄、冬は閑散期で時間を持て余してしまうほどで。これは勿体ないし、何より商売人としてやりがいがないと感じ、思い切ってコンビニへ業態転換することにしました。本当はセブン-イレブンをやりたかったのですが、当時秋田にはまだ出店しておらず、この辺りで何店舗かあった別のコンビニチェーンに加盟しました。ただ順調だったのは最初の3-4年ほどで、近くに競合店ができてからは目に見えて売上が落ち、苦戦を強いられました。

続きを読む