オーナーインタビュー ピックアップ

  • 複数の店舗を経営しています!

毎月更新されているオーナーさまのインタビュー内容から、ひとつテーマを持ってピックアップした特集になります。今回は「複数の店舗を経営しています!」というオーナーさまをピックアップしております。複数の店舗を経営していく中での心がけや目標についてのインタビューをお送りします。

先輩オーナーの声1

  • 辻 寬子・隆晴さん ご夫妻の場合
  • 田原本満田南店(奈良県) 2008年4月1日 オープン
    富田林中小企業団地店(大阪府) 2012年10月4日 オープン
    富田林若松町西店(大阪府) 2016年8月31日 オープン
    葛城西室店(大阪府) 2016年7月29日 オープン
やりたいと言う私に4店舗まで任せてくれた本部にも感謝しています。
セブン-イレブン経営を検討したきっかけは?
隆司さん: 家のために商売する、主人のために商売する、子供のために商売する、ではなく、今は自分のために商売ができています。こんな楽しいことありません。昔は女性がキャリアをもって働くっていうのはなかったですから。主婦になったらあきらめてた、再就職やキャリア形成を、50歳すぎてからでもできるんだ、って思ったんです。
私が頑張っていることを、セブンイレブンが認めてくれたことは感謝しています。2店舗、3店舗、ましてや4店舗目まで任せてくれたっていうことは、会社の人たちは認めてくれたってことですね。

続きを読む

先輩オーナーの声2

  • 加藤雅史・喜世子さん ご夫妻の場合
  • 湖西白須賀南店(静岡県) 2001年8月29日 オープン
    豊橋天伯町店(愛知県) 2010年1月22日 オープン
    豊橋二川南店(愛知県) 2012年11月22日 オープン
複数店の経営に何より欠かせないのはスタッフですから、大事なことだと思っています。
お店経営をする上で重要なことは何だとお考えですか?
雅史さん:「むずかしいことを分かりやすく」。これは、セブンイ-レブンの仕組みやシステムすべてに共通して言えることです。誰もがオーナーとして一定基準のお店経営をできるようになっているのはすごいですよね。これこそが発展の原点だと思います。「どうしたらもっと分かりやすくなるか」は、今でも試行錯誤しています。
私は出勤してきたスタッフとは、まず一緒にコーヒーを飲みながら、一人ひとりと会話をするんです。といっても冗談を言ったり、「最近どう?」とか他愛のない話で笑いあったりするくらいですけどね。それを3店舗すべてまわってやっているので大忙し!(笑)

続きを読む

先輩オーナーの声3

  • 神尾富士男・春美さん ご夫妻の場合
  • 札幌北1条西5丁目店(北海道) 2005年5月25日 オープン
    札幌狸小路3丁目(北海道) 2011年2月24日 オープン
    札幌南6条西18丁目(北海道) 2012年8月10日 オープン
店舗を増やしていくために、人材をしっかり育てていける組織づくりを目指しています。
現在3店舗を経営されていらっしゃいますが、今後の目標をお聞かせください。
富士男さん: 複数店経営をはじめたときに思ったのは、店舗を拡大するにあたり必要になってくるのは優秀な人材の確保でした。現在は、4店舗目…と、さらにもっと店舗を増やしていくために、人材をしっかり育てていける組織づくり、つまり企業化を目指しているところです。お店にはアルバイト、パート、社員といろいろな目的を持った人がいます。そういう方に長く働いてもらうためには、きちんとしたものをつくらないとならない。

続きを読む