福を招く、伝統のおせち

※写真はイメージです。

お正月に年神様へお供えし、一年の幸せを祈りながら、みんなで食べるおせち料理。
家族の幸せや健康など、
それぞれの料理に込められた願いがあります。
そのいわれを知って食べると、これまでとひと味ちがうおいしさを
感じられるかもしれません。

  • いいコト尽くしの縁起物の王様
    アイコン海老
    写真
    曲がった腰が「長生き」を、飛び出た目が「めでたさ」を、脱皮する姿が「新たな生まれ変わり」を意味するお祝い事に欠かせない一品です。
  • 黒豆パワーで、まめに働く一年に
    アイコン黒豆
    写真
    元々「まめ」には丈夫・健康という意味があり、病気やケガをせず、まめに働けるように願いを込めて食べられてきました。
  • 丸いカタチは、まるで初日の出?
    アイコン紅白蒲鉾
    写真
    きれいな半円を描いたかまぼこは、その形から日の出を連想させます。紅は「めでたさ」を、白は「神聖さ」を表しています。
  • 巻物を食べて、成績アップ
    アイコン伊達巻
    写真
    江戸のおしゃれな若者(伊達者)の着物柄に似ていたことから伊達巻と命名。巻物のような形で、学業成就を願って食べられています。
  • 玉のように、元気な子を願って
    アイコンいくら
    写真
    たくさんの卵が子宝を連想させるということで、近年は数の子と同じく子孫繁栄を祈って食べられています。
  • 家族の幸せが、長く続きますように
    アイコンたたきごぼう
    写真
    地中深くに根を張るごぼうは、家族の長生きと暮らしている土地に家がしっかり根付くことを願って食べられています。
  • 黄金色の輝きで、金運も上昇!
    アイコン栗きんとん
    写真
    黄金色の栗きんとんは、金塊や小判などの財宝に例えられ、金運と勝負運のアップを呼び込む縁起物として親しまれてきました。
  • 栄養満点の小魚で、豊作祈願
    アイコン田作り
    写真
    イワシの小魚を田畑にまいて五穀豊穣を祈ったことがはじまり。豊かな田んぼを作ることから「田作り」と呼ばれるようになりました。
  • たくさんの卵は、子宝の象徴
    アイコン数の子
    写真
    数の子はニシンの卵で、二親(二人の親)から多くの子どもが生まれることから、子孫繁栄の象徴とされてきました。
  • セブンのおせちってこんなに美味しかったんだ。
  • 福を招く、伝統のおせち
  • 応募抽選キャンペーン
  • 早期予約キャンペーン
  • 関西限定 おせちを買って、宝塚歌劇を観に行こう!

おせちTOP