セブン-プレミアムレシピ(10月)「かんたん!おいしい!ミニッツレシピ」セブンプレミアムはそのままでもおいしいけれど、ちょっとしたひと工夫で新しい美味に変身します♪ 今回は、新米の季節にうれしい、ごはんに合うおかずをご紹介します。驚くほど簡単にできますよ! ○今月の商品○豚角煮・ポテトサラダ ♦プレミアム料理人 亀山佳幸 ♦グルメレポーター ナナミ

10月 セブンプレミアム豚角煮とポテトサラダで「豚角煮の熱々ポテサラ添え」

今回は、セブンプレミアム商品の「豚角煮」と「ポテトサラダ」を使ったおかずをご紹介します。

豚角煮の熱々ポテサラ添え

「豚角煮のとろけるようなおいしさで、ごはんが進む!」 (材料写真) ○材料 2人分

  • セブンプレミアム 豚角煮(150g)・・・1袋
  • セブンプレミアム ポテトサラダ(120g)・・・1~2袋
  • 練り辛子(チューブ)・・・お好みの量
  • 茹でたいんげんやほうれん草(あれば)・・・お好みの量

とってもかんたん!ミニッツレシピ

調理写真 1コマめ

お皿にポテトサラダを平たく盛りつける。

調理写真 2コマめ

(1)のポテトサラダの上に豚角煮を乗せる。

調理写真 3コマめ

ラップをかけ電子レンジ(500から600W)で、様子をみながら約30秒加熱する。

調理写真 4コマめ

辛子を添えて、あればグリーン野菜を付け合わせる。

調理を終えて…亀山先生からワンポイントアドバイス

[point1] 「先生!調理のポイントは何ですか?」「ずばり、加熱すること。豚角煮のおいしさは「旨み」と「やわらかさ」と、ゼラチン質の「なめらかさ」にあります。加熱することで一層おいしさが引き立ちますよ。」

[point2] 「どうしてポテトサラダと合わせるんですか?」「豚肉とじゃがいもは、相性抜群。しかも、ポテトサラダのまろやかな酸味が、肉の脂肪感をやわらげるので、さっぱりと味わえるのです。辛子を添えると一段と美味!」

セブンプレミアム「豚角煮」は、長時間じっくり煮込んだ逸品です。ぜひ加熱して、とろけるおいしさをご堪能ください!

亀山 佳幸 (かめやま よしゆき)

Profile

亀山 佳幸 (かめやま よしゆき)
料理家(社)日本料理研究会師範、(社)全国日本調理技能士会師範、甲州屋包清会副会長、前・明治屋クッキングスクール講師。他、企業の料理指導に携わり、伝統日本料理、薬膳料理にも造詣が深い。昭和63年 東京都知事賞、平成20年 食生活文化賞。平成22年、故郷、深谷市に『懐石 亀山』を開業。

【亀山先生の、ベジタブルカービング技!】 「白鹿と紅葉」 大根と人参のカービング。白鹿は大根、鮮やかな紅葉は人参で作りました。

※商品はレシピ掲載時点のものです。販売中の商品とは規格が異なる場合があります。

ミニッツレシピ TOPへ戻る