VOICE
ストーリー
固定観念を持たず、
新しいことにも挑戦するという
柔軟な姿勢が重要
※職種についてはインタビュー時のものとなります
前職:証券会社営業
img01
藤木 伸哉

Sinya Fujiki

小田原地区 OFC
現在は、店舗のオーナーさんや従業員の方々とのコミュニケーションを通じて、店舗毎の課題に対して向き合いながら提案を行っています。オーナーさんは店舗経営に関して様々な目標を持っています。その目標を達成出来るように、オーナーさんと従業員さんが共通認識を持ち、従業員全員参加型の体制作りを目指しています。
仕事を通して誰かの役に立ちたい

学生時代から金融には関心を持っており、金融関係の仕事に興味がありました。当時は老後の資金計画や将来設計を見直そうと考えている方も多く、仕事を通して資産運用で困っている方々によい商品をお薦めすることで少しでも自分が役に立てればと思い、証券会社に入社を決めました。 入社後は資格を取るための研修等もあり、しっかり勉強ができ充実していました。しかし、実際に営業を始めてみると、お客様との信頼関係を築きご契約をいただいても、契約後のサポートは別のスタッフが担当となるため、お付き合いが契約締結までという部分に寂しさを感じました。契約締結までをゴールとするのではなく、その後もお客さまと一緒になってゴールを目指していきたいという想いが日に日に強くなってきました。こういった経験をするうちに「もっと純粋に人の役に立てる仕事がしたい」と思い、転職を考えました。

充実の研修制度

転職するにあたって、「自分はどういう仕事が向いているのか?」を半年程度かけてもう一度じっくりと考えました。多くの説明会に参加する中で、お客様が自ら来店してくださる小売業という業界にも興味を持ちました。早速、セブン-イレブン・ジャパンの説明会に行ってみたところ、セブン-イレブン・ジャパンは「小売業では無い」というメッセージに驚きました。また、それを支えるOFCという仕事に、営業職とは違う魅力を感じました。
この仕事は、自ら売上を上げる営業職とは異なり、経営者であるオーナーさんと二人三脚でゴールを目指し、経営のアドバイスをする仕事です。もともと学生時代からリーダー役よりもNo.2としてTOPをサポートしたり、後輩を盛り上げることが得意だったので、性格的にもマッチするのではと思いました。
未経験で不安も多かった中で、セブン-イレブン・ジャパンでは入社後に店舗で実務経験を学ぶことができる研修があったので安心感がありました。
店長時代に初めておこなったマネジメント業務では、従業員さんからの信頼獲得に非常に苦労をしました。担当のOFCに何度も相談し、具体的なマネジメント法についてアドバイスをもらったことで、従業員全員が共通認識を持った形での店舗運営の重要性を学ぶことができたのは貴重な体験です。

そしてオーナーさんにも想いが届く

そこで私は、次の改善策として本部が定期的にバックアップしている「レジ接客研修」に参加することをオーナーさんに提案しました。少しずつ店舗が変化していることを感じているオーナーさんは快諾してくださり、まず3名の従業員さんがレジ接客研修に参加しました。日々の業務とはいえ、レジ業務を通しての「接客」については今まで意識が高くなく、研修を通し様々な気付きがあったと思います。3人ともレジ接客の重要性について大きく意識が変化したようで、その後店舗に持ち帰って早速ミーティングでも議題に上がりました。
今回参加した従業員さんが中心となり、「丁寧なお辞儀を全員で徹底する」ことを第一歩として目標に掲げました。すると、明るい挨拶を喜んでいただけるお客さまも多く、店舗にリピートしてくださる方が増えてきたのです。結果、この取組で月間売上を達成することができたのです。
オーナーさんも「何か変えたい」という気持ちはあったのですが、長年店舗経営をされている中で、どう変えればよいのか具現化するのが難しかったのだと思います。私の想いが届いた嬉しい瞬間でしたね。

固定観念に囚われないことが重要

OFCはオーナーさんと二人三脚で店舗経営を支える役割です。私たちが直接、店舗運営や従業員教育を行うことはありません。オーナーさんときちんと話し合い、店舗経営に関して共通認識を持った上で従業員の方々と接していくことが大事です。
また、今日売れているものが明日も売れ続けるかはわかりません。セブン-イレブン・ジャパンの基本スタンスでもある「変化への対応」にも通じますが、固定観念を持たずに現場を客観的に観察し、新しいことにも挑戦するという柔軟な姿勢がOFCに必要だと思います。そして新しいことにトライすると、相手の意欲が変わったり、お店の売上利益にもつながることもあります。オーナーさんや従業員の方々とコミュニケーションを通して、自分自身も皆さんから様々な気づきをもらいながら、日々の店舗運営のアドバイスをしています。

OFCの仕事を通して、オーナーさんとの信頼関係をつくり、共通の目標を目指して行動することで様々な経験を積むことができます。さらにその後は、マネジメントはもちろん商品開発、教育等に関わることも可能です。1つの会社にいながらこれだけ沢山の経験が積めるのは、魅力の1つです。今はもっと経験を積み、OFCとしての幅を広げたいと考えています。