BUSINESS

This is SEJ

ここではセブン‐イレブン・ジャパンのビジネスの特徴をご紹介します。よくセブン‐イレブン・ジャパンは誤解されます。「店舗は直営店」「仕事は店長職」等々。違います。知っていそうで意外と知らないセブン‐イレブン・ジャパン。ここでは、ごく基本的なことについてまとめました。

独自のフランチャイズ・ビジネス

セブン‐イレブン・ジャパンは独自のフランチャイズ・ビジネスです。店舗はオーナーさんが経営し、本部が経営をバックアップします。このオーナーさんと本部の二人三脚で「近くて便利」なセブン‐イレブンを通して、地域のお客様の生活を支え、社会に貢献しています。

独自のフランチャイズ・ビジネス

経営のカウンセリング

社員の仕事は、商品を直接お客様に販売するのではなく、セブン‐イレブンを経営するオーナーさん(加盟店)をバックアップする仕事です。7~8店舗を担当し、売上利益の向上を目的としてオーナーさん(店舗経営者)に対してカウンセリングを実施します。オーナーさん(店舗経営者)の人生を支える仕事です。

経営のカウンセリング
経営のカウンセリング
OFCの詳細を見る

社会問題解決企業として

いま日本では少子高齢化が進行。遠くのお店へ行くのは大変で、近くのお店で何でも済ませたいと考える方が増えています。また働く女性が増えて料理をする時間が少ない方が増加する一方、全国で小売店の数が減少し、お買い物がとても不便になっています。ネットを使った新しいお買い物の形も増えてきています。そうした社会のニーズにセブン‐イレブン・ジャパンは「近くて便利」な存在として社会に貢献しています。

日本中の社会問題に応える
ページトップへ