JOB

OFCになるまで

研修後トレーニングストア勤務を経て
OFCになります

当社では、OFCになる前に店勤経営を経験していただきます。店勤経営では、トレーニングストアと呼ばれる直営店で、実際にお店の経営者として店舗を経営していただきます。それは、セブン‐イレブンの商売の実態や店舗経営のノウハウはもちろん、経営者の気持ちを知らずして、加盟店のオーナーさんにカウンセリングはできないからです。新入社員は、トレーニングストア勤務を通して成功や失敗を繰り返しながらOFCになるための基盤を築きます。
トレーニングストア勤務は、研修期間として基礎から仕事を学ぶとともに、やりがいや楽しさを見出し、セブン‐イレブン・ジャパンでキャリアを積み重ねる上で原点ともなるとても重要な期間です。
それでは、具体的にトレーニングストア勤務を経てOFCになるまでの流れを見てみましょう。

OFCになるまで(教育の流れ)

  • ・各ステップに進むには、検定試験があります。
  • ・当社の研修は、成果主義であり、各ステップの期間は人によって異なります。

※フローは、変更になることもあります。

  • 3ヶ月

    トレーニー

    実務を学び、店舗経営の基礎を身につける

    • 座学を通して社会人としての心構えや常識、店舗経営に必要な知識を学びます。
    • 各地区のトレーニーとして、接客、レジ操作、発注方法など業務の基礎を学びます。
  • 2~3年

    トレーニングストア配属(副店長・店長)

    経営者としてオーナーさんの仕事を疑似体験

    • 副店長・店長としてトレーニングストアの経営をします。
    • 人(採用・教育・人事管理など)、商品(発注・販売促進など)、経営数値(売上・経営管理など)のマネジメントを学びます。
    • セブン‐イレブンのモデル店として常に新しいことに挑戦し、地域のお客様に支持されるお店づくりを目指します。
  • 3ヶ月

    フランチャイズ基礎トレーニング

    講義と現場研修で専門知識を学ぶ

    • 講義研修で経営数値やフランチャイズシステムの契約内容などの知識を深めます。
    • OFCに同行して加盟店を訪問し、オーナーさんに対するカウンセリングを体験します。
  • 半年

    AFC(アシスタント・フィールド・カウンセラー)

    アシスタントとしてスキルアップを図る

    • 先輩OFCとともに新店のセットアップや分析資料の作成を行います。
    • OFCに同行し、OFCになるための知識・スキルの総仕上げを行います。
  • OFC

    OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)

    担当店の売上・利益向上のために活動

    • 7~8店の加盟店を担当し、オーナーさんのパートナーとして店舗経営をサポートします。

店長とOFCの1日

  • 店長の1日
  • OFCの1日

職種一覧

OFCを中心とした職務。本部スタッフ部門がサポート

フランチャイズチェーン本部である「セブン‐イレブン・ジャパン」は加盟店のオーナーさんに対して様々な形で経営のバックアップを行い、地域のお客様に支持されるお店づくりをサポートしています。その中心的存在であるのがOFCです。OFCは、加盟店のオーナーさんとダイレクトにコミュニケーションをとり、加盟店と本部をつなぐ役割を担っています。そして、その他の職種は、OFCとオーナーさんをサポートするのが役目です。具体的には、より幅広い視点でOFCの活動をサポートする地区の責任者であるDM(ディストリクトマネジャー)、既存の小売店を中心にセブン‐イレブンへの加盟を呼びかけ、新たなお店を誕生させるRFC(リクルート・フィールド・カウンセラー/店舗開発担当)、オリジナル商品の開発を手がけるMD(マーチャンダイザー/商品開発)、会計面から店舗経営をバックアップする会計マネジャー・会計事務や、様々なスタッフ部門があります。

ページトップへ