社員インタビュー

INTERVIEW

販売職 近藤由美

接客から商品管理、発注にいたるまで、幅広く店舗の運営に携わる

私は現在、販売職としてセブン-イレブンの直営店に勤務し、幅広く店舗の運営に携わっています。担当である商品の陳列、ペストリー(パン類)の発注、販売期限をチェックする鮮度管理、混雑時にはレジに加わるなど、やらなければならない業務は多岐に渡ります。他にも、新規商品が発売された際にはPOPを作り、おいしさを知っていただくため店内で試食品をお客様にお勧めすることもあります。従業員さんは自分の仕事をこなすのに精一杯ですから、みんなの目が行き届かないところのフォローをすることも、私の役割の一つだと考えています。

もともと飲食業の接客、販売の経験がありましたので、そのキャリアを生かした仕事に就きたいと思っていました。実を言うと、社会復帰するにあたって、まったく別の世界に飛び出していくのはまだちょっと怖かったんです。その点、セブン-イレブンは私の家の近くにも店舗がありましたし、身近で親しみのある存在でした。根っからの接客人間である自分自身の力を発揮できる場所として、もっともイメージしやすかったのがセブン-イレブン・ジャパンだったのです。

店長と従業員さんの橋渡し役として

店舗研修を経て、直営店に配属されたのですが、やはり実践の店舗勤務ではとまどうこともしばしばでした。取扱商品が膨大であるばかりでなく、店内にはコピー機、ATMなど様々なサービスを提供していますので、覚えなければならないことは非常にたくさんあります。それだけに、最初は何でも一人でやってしまおうと、ついがんばりすぎ、無理をしたこともありました。しかし、仕事をしていくにしたがって、お店の仲間も私をますます理解してくれるようになりました。例えば、私は平衡感覚に障がいがあるため、高いところにあるものをとったりすることが苦手なのですが、そういった出来ないことは素直にお願いしてサポートしてもらうことにより、仕事はどんどんやりやすくなってきています。

私は入社時に採用担当者から、お店を守る存在になってほしいと言われました。それは現在、店長と従業員さんの橋渡し役になることなのだと思っています。店内で一緒に仕事をする時間が長い立場だけに、従業員さんの仕事に関する悩みを聞いたりする機会もあります。私ができないこともある代わりに、私ができることもあるはずです。自らが潤滑油になることで、お店の雰囲気を少しでもよくしていければと思っています。

やりがいを実感できるお客様との距離感

いい店舗作りのためには、もっと自分自身のスキルも向上させていかなければなりません。そのために今、私が特に力を入れているのが、担当であるペストリーの発注業務です。廃棄を出さないような発注を行うために、天候やキャンペーン、地域の行事などを考慮に入れて、仕入れの仮説を立てます。今後、仕入れの精度をもっと上げていければ、店舗の売上増に直結していくはずです。自分の判断が店への貢献につながっていくのは、大きなモチベーションになります。

いま勤務している店舗は、高齢者のお客様が多い地域でもあります。杖を持った方や車椅子のお客様もいらっしゃいますので、ドアの開閉など気がつくことはなるべく行うようにしています。すると、あの店はお年寄りに親切だという噂が口コミで広がっていったらしいのです。私の小さなひとつひとつの好意がお客様に伝わっていることを知ることは非常に嬉しく思いました。また、季節にちなんだ予約商品やギフト販売に力を入れている期間は、お客様のご自宅に直接足を運ぶこともあります。そこで「近藤さんがそう言うんだったら、頼んじゃおうかしら」とご注文いただいたこともありました。こちらに勤務して以来、沢山のお客様と知り合うことができました。そんなお客様方から信頼をいただけたと感じたとき、私の仕事が当社の業務の中でも、最もお客様に近い場所にあるのだと実感できます。これからもいっそう信頼していただけるような存在になれるように、日々の努力を惜しまないつもりです。

※本記事は取材当時のものです。

ページトップへ