MESSAGE

留学生のみなさんへ

セブン‐イレブンは、新しい社会のニーズに応える“生活サービスの拠点”として、さまざまなサービスを展開し、独自の事業インフラを構築してきました。その広がりは、17の国と地域で約60,000店の店舗を展開する世界最大のフランチャイズチェーンにまで成長しました。

今後とも、出店していないエリアやマーケットに合わせて、事業を拡大していきます。

しかし、留学生の皆さんにお伝えしたいことは、セブン‐イレブン・ジャパンが世界一だということではありません。セブン‐イレブンの事業インフラは、日本の、一店一店の店舗のオーナーさんとともに培ったものです。それを世界のセブン‐イレブンを経営する法人と共有することで、世界のお客様に便利さを提供したいと思っていることです。そのため、皆さんには日本で、セブン‐イレブン・ジャパンの商売への考えや事業インフラを体得し、活躍してもらいたい。

そして、日本で積んだノウハウや成功体験をもって、世界の法人に経営カウンセリングができる人材になってほしいのです。日本でも海外でも、お客様のニーズに応えるため、お店とともに変化対応する私たちの姿勢は変わりません。

私たちが、留学生の皆さんに期待するものは、単なる語学力や狭義の知識ではなく、異文化の環境の中で身につけた多様な価値観や、留学生活の中で努力してつかんだ生き方です。セブン‐イレブン・ジャパンは、国籍、性別の区別はありません。日本全国をフィールドとして活躍していただきたいと考えています。皆さんのチャレンジをお待ちしております。

ページトップへ