四国でのコンビニ(セブンイレブン)出店で施設の福利厚生の充実を!

四国出店

地域における「生活インフラ」としての役割を果たしていく

愛媛県出店第1号店
オーナーさまインタビュー

地域における
「生活インフラ」としての
役割を果たしていく

  • 第5リクルート部 四国東地区
    リクルートフィールドカウンセラー 赤坂 康裕

  • 高知地区 オペレーションフィールドカウンセラー 副主事
    宮崎 達也

2019 年 2 月末までに高知県内に100店舗の出店を目指して

2015年3月6日、セブン-イレブンは高知県内へ初出店し、高知市内に3店舗を同日オープンいたしました。今回の出店においては、JR 四国グループの四国キヨスク株式会社様との提携店舗として、県内初となる JR 駅構内への出店も行っております。2013 年に香川県・徳島県に、昨年には愛媛県へ出店し、今回の高知県への出店で四国全県への出店を達成。2019 年 2 月末までに四国合計で約 590 店舗、高知県内においては100店舗の出店を目指してまいります。

「近くて便利」なセブン-イレブンが果たすべき役割は大きい

高知県の人口は約73万人。全国的に見ても少子高齢化で人口が減少している地区で、毎日の買い物や食事の支度に不便を感じているご高齢の方などが多くいらっしゃいます。そうした中で、商品の購入はもちろん、ATMサービスや公共料金支払いなど1カ所でいろんなものが揃う、「近くて便利」なセブン-イレブンが果たすべき役割は大きいと考えています。

高知県内においては、香川県坂出市と愛媛県新居浜市の2カ所の工場から商品を配送しています。当面は高知市内と東は香南市と香美市の一部、西は土佐市まで出店を進めていく予定です。

当社は出店するエリアを戦略的に決め、そこに集中的に出店していくドミナント出店を行っておりますが、高知市内の中心部は就業者数に対して、店舗が少ないというのが現状です。そうしたところに集中的に出店を行っていくことで、「もっと近くに買い物できる場所がほしい」という皆様のニーズに応えてまいります。

大きな期待をもって迎えられた高知県出店

高知県出店第1号店のオープン前に近所でチラシを配るなどの活動を行いましたが、その際セブン-イレブンの出店を待ちわびていたという声を多くいただきました。また、今はネットなどで他県の情報も手に入りますので、セブン-イレブンでこんな商品が話題になっている、この商品を食べてみたいなど、セブン-イレブンに対するあこがれのようなものも持っていただいていたようです。

高知県出店第1号店のオープン初日は開店を心待ちにするお客さまが長蛇の列をつくっており、セブン-イレブンの高知県出店に対する地元の方々の期待が非常に高いということを、改めて実感しました。

人気の商品は、金のハンバーグなどのセブン-イレブンのオリジナル商品です。また、1個300~400円するアイスクリームなども好評でした。高知県では味にこだわりがある方が多い一方で、一度その味を知って気に入っていただければその後も継続して購入いただけることが多いですね。

セブンミールやオムニチャネルなどニーズに応えるサービスを展開

セブン-イレブンでは、「地域性」への取り組みを強化しています。これは単に地域の原材料を使った商品を開発するというものではなく、定番商品の味付けや品揃え等、多岐に渡るものです。また、こだわって開発した商品をお客さまが手にとっていただける「接客」も重要だと考えております。

秋からはお食事お届けサービス「セブンミール」を実施する予定です。これによって、ネットや電話・FAXで手軽に商品を注文できて自宅で受け取れるようになり、まさに「近くて便利」。また、高知県内においては買い物する場所自体が比較的少ないため、実はネットでの注文受付の件数が多いというデータがあります。セブン-イレブン全体で秋からネットとリアルの融合ということで、商品の受け取りや決済がセブン-イレブンの店頭で行えるオムニチャネルを展開していきますが、そうした取り組みも今後高知県内で行っていきたいと思います。

さらに、災害時はライフラインとしての機能も果たすなど、日常の物販だけでなく、地域における「生活インフラ」として、その役割を果たしていきたいと思います。

ページTOP