羽田クロノゲート店様へのコンビニ(セブンイレブン)出店 ご担当者に聞く

事例紹介・ご担当者に聞く

羽田クロノゲート店様

お客さまプロフィール

ヤマト運輸株式会社 羽田クロノゲート

所在地:
東京都大田区羽田旭町11-1
事業内容:
宅急便・クロネコメール便を中心とした一般消費者・企業向け小口貨物輸送サービス事業
店舗データ
営業時間:
24時間営業
オープン日時:
平成25年9月20日

羽田クロノゲートベース
課長 鈴木 泉 様

ヤマトグループ最大級の総合物流ターミナルにセブン-イレブンが出店

背景24時間365日休みなく稼働-物流の改革を実現する

2013年9月に竣工した羽田クロノゲートは、羽田空港に隣接するヤマトグループ最大級の総合物流ターミナルです。ヤマトグループは、物流を「バリュー(付加価値)を生み出す手段」に進化させ、業種・事業規模を問わない「物流の改革」の実現を目指しています。そのために打ち出したのが「バリュー・ネットワーキング」構想です。「羽田クロノゲート」はその中核を担う拠点として、立地を活かした陸海空のスピード輸送をはじめ、24時間365日稼働の付加価値機能を一体化して提供することにより"止めない物流"を実現しています。

羽田クロノゲートには14のグループ会社の事業所が入っており、これにより、羽田クロノゲートの上層階の付加価値エリアでは、たとえば、全国の病院で利用される医療機器を、洗浄・メンテナンスしたり、家電などの処理をすることができます。 当施設は夜間も含めて職員、物流ターミナルの作業員をはじめ、1日2,200~2,300名が利用しており、24時間365日休みなく稼働していることから、コンビニエンスストアの出店は当初より予定しておりました。

出店の決め手と出店内容隣接する食堂とともに社員の福利厚生の一端を担う

宅急便の取り扱い等、セブン-イレブンとは、長くお付き合いがあり、多岐にわたるサービスを展開させていただいております。

セブン-イレブンに隣接して食堂を設置していますが、セブン-イレブンで購入したものを飲食できる場所として、食堂が閉まっている時間帯もスペースを開放しています。 羽田クロノゲート周辺には商業施設も少ないため施設内の食事を充実させることは社員の福利厚生の面からも非常に重要です。そのため24時間営業のセブン-イレブンの存在はなくてはならないものと言えます。

今後の展開「先に動いて」常に新しいものを提供する

出店後評判は上々です。施設の入館者は入館カードとして利用するヤマト運輸の会員制サービス「クロネコメンバーズ電子マネーカード」で施設への入退を行います。このカードは電子マネーとしても使用できるため、カード1枚で入退から買い物や食事までできると好評です。また施設の外に出なくてもすぐに現金が引き出せるATMもあり、まさに「近くて便利」。たとえば、出勤前に寄って、昼食後に寄って、夕方小腹がすいたらまた寄ってという具合に、毎日のさまざまなシーンでセブン-イレブンが欠かせない存在となっています。特にコーヒーはマシンが3台あるぐらい人気で、昼食後のコーヒーで一息ついた後、午後の仕事に向かうといったように、ちょっとリラックスできる時間を与えてくれるのも魅力です。

商品の品揃えに関しては、ほぼフルスペックでご対応いただいています。当社から要望したことは、運行乗務員に配慮してアルコール類を置かないことぐらいです。それ以外は要望を出さなくても、「先に動いて」常に新しいものを提供していただいています。いつも新商品が出ていて、飽きがこない。今後も毎日使うからこそ、いつも訪れたくなるような、そんな常に新しいお店を期待しています。

企業へのコンビニ出店 事例紹介・ご担当者に聞く
ページTOP