土地・建物活用土地・建物のオーナーさま

ビルイン(建物をお持ちの方)

ビルインの概要

貸主さまからご所有の建物の一区画をセブン-イレブンに賃貸いただきます。新しく建物を建設する際は、プランから打ち合わせさせていただきます。 有効面積50~60坪、賃貸借期間は店舗開始日から20年間を基本といたします。
(1) 既存ビル 建物の一部で店舗プランを作成して出店の検討をいたします。
(2) 新築ビル 店舗プランを組み込んでビル計画をご相談いたします。

土地・建物活用ガイド
土地・建物活用によって地域貢献や安定した収益の確保等のメリットが見込まれます。セブン-イレブンでは当社のリクルートフィールドカウンセラー(開発担当者)がカウンセリングを行い、貸主さまにとって最適なご提案を行います。

土地・建物活用の流れ

  • STEP1 お問い合わせ 既存ビル・新築ビル内へのセブン-イレブンの誘致をご検討中の方は、ガイドラインをご確認の上、お問い合わせフォームをご利用ください。セブン-イレブン・ジャパンのリクルートフィールドカウンセラー(開発担当者)がメールまたは電話でご連絡差し上げます。

    問い合わせフォーム

    ※ビルインや建て貸しでの出店、土地賃貸借、土地の買取り等、どのプランが最適か、相談したいという方もお気軽にお問い合わせください。リクルートフィールドカウンセラーが土地、ビルの活用をお考えになった経緯などを、詳しくお伺いします。その上で、貸主さまにとって最適なプランをご提案いたします。
  • STEP2 お打ち合せ(複数回) 担当者から賃貸借の緒条件や開店までの流れなど、具体的にご案内いたします。貸主さまの疑問や不明な点に一つずつお答えいたします。
  • STEP3 物件調査・審査 立地条件について詳細な調査を実施いたします。実際に現地へ赴き、土地形状を確認して現地周辺の交通量、近隣施設などもチェックした上で、出店が可能かどうか審査をさせていただきます。
  • STEP4 契約条件の
    お打ち合わせ
    契約における諸条件についてお打ち合わせさせていただきます。契約内容の契約書条文についてご同意いただいた後、契約締結となります。
  • STEP5 契約  
  • STEP6 建築工事 当社の建築・設計部門が店舗計画に基づいてレイアウトを作成いたします。当社推奨の設計事務所にて店舗設計及び各申請業務を行います。信頼できる建築業者さまに建築工事を施工していただきます。
  • STEP7 オーナーご紹介 店舗の運営者(オーナー)をご紹介いたします。オーナーは、当社とフランチャイズ契約を締結し、セブン-イレブン店舗を経営する方となります。
    ※ご紹介の時期については、建築工事後となることもあります。
  • STEP8 開店準備当社担当者、オーナー、店舗従業員が入店し、商品陳列をはじめとする開店準備を行います。
  • STEP9 開店 

ガイドライン

契約内容

契約の種類 普通借家契約
(建物建築と賃貸借予約に関する契約・完結書(新築ビルの場合)
建物賃貸借契約・確認書(既存ビルの場合))
賃貸借期間 店舗開店日から20年間を基本とします
物件条件 有効面積:50~60坪位
店舗間口:9m以上
天井高さ:2.7m(仕上げ)
看板・屋外機・光ファイバーの引き込み・ダンボール置場等を敷地内に設置できること

出店条件

  • 賃貸人(甲):建物所有者
  • 賃借人(乙):株式会社セブン-イレブン・ジャパン
工事範囲 賃貸人(甲) 建物本体:床・壁・天井の躯体工事
電気:乙の指定する電気容量を二次側の盤まで配管・配線
給排水:乙が容量を指定
その他、外装タイル・シャッター・サッシ工事については、甲乙協議して取り決めます
賃借人(乙) 特別の内装工事、電気設備工事、給排水工事、空調設備工事、看板等表示工事、屋外機設置等
工事費用 賃貸人(甲) 甲負担
賃借人(乙) 乙負担
敷金 甲乙協議のうえ、必要に応じ乙から甲に無利子で預託します
賃料 客観的データ・資料をもとに、甲乙協議の上決定します
翌月分賃料を前月末にお支払いします
賃料改定 満3ヵ年ごと。または必要に応じて改定協議を行ないます
中途解約 乙は6ヵ月前の予告をもって中途解約できるものとします
契約終了 賃貸人(甲) 敷金を甲から乙へ返還します
賃借人(乙) 乙が行った工事部分を撤去し明け渡しをします(費用は乙負担)

土地・建物活用に関するお問い合わせ

土地・建物活用をお考えの方、ご希望や抱えている課題を
セブン-イレブンに相談してみませんか?

お問い合わせ

ページTOP