トップ > 社会・環境へのとりくみ > 社会への取り組み


 

社会への取り組み セブン-イレブンでは地域清掃やボランティア活動など、地域貢献活動に取り組んでいます。

あなたの街のセブン-イレブン~地域の取り組み~セブンイレブンでは地域に密着した取り組みを行っています。

包括協定
今年も「オレンジリボンたすきリレー」を支援
神奈川県全エリア
  • オレンジリボンたすきリレー写真1
  • オレンジリボンたすきリレー写真2

活動記録

活動記録
今回の活動実施日 2012年10月28日
実施頻度 年に1回
初めて活動したのは 2011年10月
活動内容 神奈川県ではオレンジリボンたすきリレー実行委員会が主催となり、児童虐待防止キャンペーン活動行っています。神奈川・東京間で3コース設定し、関係機関の職員ランナーがたすきを繋ぎながら啓発活動を行います。
セブン-イレブンでは店舗前の駐車場にテントを張り、各コースの中継地点として走り疲れたランナーを迎えいれます。応援スタッフとして、総勢400名のランナー達に、疲れが取れるように声を掛けたりしました。ゴール地点では昨年と同様に、本部及びセブン銀行のスタッフが子どもたちにボノロンの絵本の配布や読み聞かせなどを行いました。
活動拠点 セブンイレブン店舗(たすきリレー中継店舗)
参加店舗数 神奈川県全エリア 3店舗
参加人数 オーナー様3名 従業員様15名 地域の皆様 約700名 セブン-イレブン社員10名 計 約728名
活動のきっかけ オレンジリボンたすきリレー実行委員会より参加要請を受けて

参加者の意見・感想

  • 人物1
    県庁・横浜市の方からも様々にお言葉を頂き、大変貴重な経験をすることができました。この啓発活動によってより住みやすい地域になるように、これからもお手伝いしていきたいと思います。
  • オーナーの写真
  • 参加オーナーより一言
    サポーターの役割だったはずが、逆にランナーさんから元気をいただきました。多くの方から、「セブン-イレブンいつも使っています!」「これからも使います!」とお言葉をいただました。商売とは関係なくこのような活動に積極的に参加をしていくことが大切だと思いました。大変貴重な経験ができ、こちらこそありがとうございました。

トップへ戻る