トップ > 社会・環境へのとりくみ > 社会への取り組み


 

社会への取り組み セブン-イレブンでは地域清掃やボランティア活動など、地域貢献活動に取り組んでいます。

あなたの街のセブン-イレブン~地域の取り組み~セブンイレブンでは地域に密着した取り組みを行っています。

包括協定
福島県レジ袋削減の取り組み
東北
  • 写真1

活動記録

活動記録
今回の活動実施日 毎月8、11日
実施頻度 月2回
初めて活動したのは 2012年7月
活動内容 店舗カウンターにアイキャッチを掲示し、福島県が主体となって取り組んでいる月2回のレジ袋削減デーに参加。
福島県マイバッグ推進デ―キャンペーン
活動拠点 福島県全域
活動のきっかけ レジ袋の削減推進のため、福島県からの要請に応じて活動

参加者の意見・感想

  • 人物1
    A店オーナー
    お客様によってレジ袋を希望されることもあるので、アイキャッチがあると「シールでもいいですか?」とお声がけしやすくなった。

  • 人物2
    B店オーナー
    レジ袋削減の取り組みは大切なことだし、必要なこと。コンビニ袋は無料で予備を望まれるお客様もいらっしゃるので、このような張り紙があるとよい。
  • 人物1
    スタッフの声
    セブン‐イレブン店舗だけの取り組みではなく、「街の一員」として福島県に貢献できるという一体感が嬉しい。
  • 人物1
    お客様の声
    袋をもらっても邪魔になるときもあるので、良い取り組みだと思いますよ。
  • ディストリクトマネージャーより
    福島県にセブン‐イレブンが出店し40年以上経過しました。包括協定をはじめ、行政とともに取り組む活動が増え、この地で「商売」をさせていただく責任も感じるようになってまいりました。これからも末永く福島県のお客様に愛され続ける店となるよう地域との共生を積極的に取り組んでまいります。

トップへ戻る