トップ > 社会・環境へのとりくみ > ダイバーシティ推進プロジェクトの取り組み


 

ダイバーシティ推進プロジェクトの取り組み セブン-イレブン・ジャパンでは働きやすい職場環境の整備などを推進しています。

女性のチャレンジを応援します

2014年、「SEJ(セブン-イレブン・ジャパン)ダイバーシティ推進プロジェクト」を設置しました。
プロジェクトでは、より多くのお客様のニーズに応えられるように、多様な人材の積極的登用を推進しています。
中でも、女性の視点や感覚を活かした商品・サービスの開発や売場づくりが、お客様満足度の向上につながると考えています。
プロジェクトを通じて女性の活躍を積極的に推進するため、次の目標を掲げています。

2016年2月末までの目標 1.女性のマネジャー※級以上の比率30%達成 2.男性の育児参加促進 3.従業員満足度の向上 4.女性オペレーションフィールドカウンセラー(経営相談員)の育成 ※マネジャーとは課長職級のこと

育児・介護と仕事の両立支援について

育児や介護などのあらゆるライフステージにおいて、社員が安心して勤務を続けることができ、また能力を十分に発揮できるようにするためには、「働きやすい職場環境づくり」や「ワークライフバランスの充実」が不可欠です。
セブン-イレブン・ジャパンでは、ワークライフバランス関連制度の整備をおこなうと同時に、制度の利用促進に取り組んでいます。

■育児・介護との両立支援制度

仕事と育児・介護との両立を支援しながら、休職した後も安心して復帰できる制度を設けています。
特に育児に関する制度は、出産した女性社員のほぼ100%が活用しています。

育児関連制度(出産前)

母体健康管理措置(男女雇用機会均等法第12条、13条)
・医師の指導による通勤緩和・休憩への配慮
・母子健康法による保護者指導・健康検査のための通院時間確保
産前休暇
・出産予定の社員のための任意休暇
 産前6週間(多胎妊娠は14週間)~出産日までの休暇取得が可能。

育児関連制度(出産後)

育児休職
・出産日以降、子の満2歳到達直後の4月15日までの間で社員が申し出た期間の取得が可能。
勤務時間の選択
(1)実労働時間4時間~6時間未満の勤務が最長1年間取得が可能。
(2)実労働時間6時間~7時間以下の勤務が最長11年間取得が可能。
(1)、(2)のいずれかの取得となります。
看護休暇
・子1人の場合は年間最大5日間、2人以上の場合は10日間まで取得が可能。
※小学校就学前までの子を養育する社員が対象。

育児関連制度(その他)

育児休暇
・子の育児に関わる時、年間5日以内の取得が可能。
※小学校就学前までの子を養育する社員が対象。

介護関連制度

介護休職
・最長1年間まで取得が可能。
介護休暇
・年間最大5日間、対象者2名以上の場合は、年間10日間以内での取得が可能。
勤務時間の選択
(1)実労働時間4時間~6時間未満の勤務が最長2年間取得が可能。
(2)実労働時間6時間~7時間未満の勤務が最長3年間取得が可能。
(1)、(2)のいずれかの取得となります。
時間外労働の制限・深夜労働の免除

その他

再雇用プラン
・育児や介護などで退職をした場合、退職後3年間は優先的に再雇用。

■各種セミナー

社会環境の変化や、多様な人材の活躍推進について、全社員が理解を深められるように、セブン&アイグループでは外部講師や社内の幹部社員が講師となりセミナーを開催しています。多くの社員が積極的に参加し、新しい視点や気づきが生まれています。

DMS
 Diversity Management Seminar(管理職向けセミナー)、WMC Women's Management Community (女性管理職コミュニティ)、イクメン推進プログラム、ママ'sコミュニティ

■くるみんマーク認定

2014年10月21日、子育てサポート企業として、東京労働局より認定を受けました。

くるみんマーク

「くるみんマーク」とは…


「次世代育成支援対策推進法」に基づき、少子化対策や子育て支援などにおいて、一定の基準を満たしているとして厚生労働大臣の認定を受けた企業に贈られる「子育てサポート企業」の証です。

セブン-イレブン・ジャパンはセブン&アイグループとともに、女性の活躍推進や、安心して働くことができる職場環境づくりに取り組んでまいります。