トップ > 社会・環境へのとりくみ > 環境への取り組み > 鶏卵を通じた循環型リサイクル


 

環境への取り組み セブン-イレブンはお客さまと商品をつなぐ、すべてのプロセスをエコにしていきます。

鶏卵を通じた循環型リサイクル

東京都・埼玉県の一部のセブン-イレブン(約1,300店舗)における循環型リサイクル

鶏卵を通じた販売期限切れ商品の循環経路確立

東京都・埼玉県の一部(約1,300店)のセブン‐イレブン店舗で排出される販売期限切れ商品を循環型資源として自らのサプライチェーン内で循環させる経路を確立させています。
(※配合飼料に使用している販売期限切れ商品は、平成12年に農林水産省が飼料への使用を許可したもので、国が安全な原料として認めております。)

店舗から回収された販売期限切れ商品は(株)アルフォにてフライドミールにされています。そのフライドミールを用いて配合飼料を製造、指定の養鶏工場で鶏の飼料として利用しています。
(※飼料製造元につきましては農林水産省発行の「BSEガイドライン」を順守して飼料を製造・販売しており、畜産物の安全性は担保されております。)

原料となる販売期限切れ商品および配合飼料原料について十分な安全性を確認の上、生産された鶏卵をデイリー工場にてチルド弁当の原材料の一部として使用、商品化することで循環型リサイクルの取り組みを行っています。