トップ > 社会・環境へのとりくみ > 環境への取り組み > レジ袋削減


 

環境への取り組み セブン-イレブンはお客さまと商品をつなぐ、すべてのプロセスをエコにしていきます。

レジ袋削減

お客さまの「便利」を守りながら、レジ袋を減らす工夫!

スリム化 軽量化
●レジ袋のスリム化・軽量化
レジ袋を薄くして、原料となる原油の量を少なく、環境負荷を減らす。一方で破れにくく、必要な強度は確保する。両者のバランスを研究し、薄くて丈夫なレジ袋の改良を続けています。
「袋にお入れしますか?」「レジ袋はいりません」レジ袋の削減にご協力ください
●店頭でのお声かけ
店員から「袋にお入れしますか?」とお声かけを徹底し、お客さまからも「レジ袋はいりません」という申し出をいただくことで、レジ袋の使用量を控える取り組みをしています。

●レジ袋削減キャンペーン
お客様のマイバッグご持参によるレジ袋削減=CO2削減を目的とした「レジ袋削減キャンペーン」。
負荷の少ない環境づくりに向かって、お客様とお店とが共に実行できる取り組みを、下記の地域で展開しています。
横浜市、泉大津市
[その他の取り組み地域]
仙台市、福島県、杉並区、江戸川区、瑞穂町、武蔵野市、川口市、新潟県、名古屋市、大垣市、尼崎市、西宮市、和歌山県、岡山県、福岡県、長崎県、鹿児島県

セブン-イレブンのレジ袋の使用量

レジ袋の厚さの推移 29.3%も薄くなりました!(1999年度・2011年度比)1店舗あたりのレジ袋使用重量の推移

薄くて丈夫なレジ袋の継続的な開発によって、1999年比でなんと29.3%も薄くすることができました。
レジ袋のシェイプアップと、店頭でのお声かけによって、レジ袋使用量の減量化が順調に行われています。
引き続きレジ袋削減活動を進めていきます。皆さまもぜひご協力をお願いします!