トップ > 社会・環境へのとりくみ > 環境への取り組み > 環境にやさしいパッケージ


 

環境への取り組み セブン‐イレブンはお客さまと商品をつなぐ、すべてのプロセスをエコにしていきます。

環境にやさしいパッケージ

リサイクル原料の活用

食品容器に再生材料を活用

2014年4月から、セブン‐イレブンでは一部のサラダ容器を再生材料に切り替え始めました。「再生材料」とは、市場で回収された使用済みペットボトルや、透明ペット容器をきれいに洗浄し、 再資源化したものです。 2015年には、全てのサラダ容器の切り替えを完了しました。

グループ内での再資源化の取り組み

セブンプレミアムの生活用品「濃密泡で香り立つボディソープ」詰め替え用パウチのパッケージには、セブン&アイグループ店頭で回収した透明ペットボトルを再生させた「メカニカルリサイクルPET」を採用しています。
「メカニカルリサイクルPET」は、リサイクル樹脂使用比率80%の再生効率が良い樹脂フィルムです。
お店で回収したペットボトルが、環境に配慮された商品になって再びお客様に提供されています。

プラスチック原料の削減

さまざまな用途で使われるプラスチック原料。セブン‐イレブンでは包装の形状や機能を見直し、 資源の無駄を減らす取り組みを行っています。

お弁当

全面ラップ包装から、 テープ止めを併用した包装へ。


惣菜

強度はそのまま、ラップの薄さを0.009mmから 0.008mm(約11.1%減)へ改良することに成功!

商品ラベルもエコになってリニューアル!

2015年2月から、「セブンゴールド 金の食パン」の商品ラベル(シール)には、焼却時のCO2発生を抑制する「エコナノラベル」を採用しています。
このラベルにより、焼却時に排出されるCO2の量を、通常ラベルの焼却時と比べて約20%削減することに成功しました!

今後もセブン‐イレブンは、環境配慮型商品の開発を積極的に行ってまいります。