トップ > 社会・環境へのとりくみ > 環境への取り組み > お店まるごと再利用


 

環境への取り組み セブン-イレブンはお客さまと商品をつなぐ、すべてのプロセスをエコにしていきます。

お店まるごと再利用

こんなものまでくりかえし使う?リユース型店舗

地中熱を利用した空調システム

セブン-イレブンでは店舗の建て替えや営業終了に伴って閉店することがあります。
でも閉店する店舗には、ゴンドラ(商品陳列棚)や什器、建物としてもまだまだ使えるものがたくさん。
そのまま捨ててしまうなんて、もったいないと思いませんか?
ゴンドラや什器の再利用はもちろんのこと、さらにセブン-イレブンでは、店舗閉店にともなって生じる建設廃棄物を削減するため、2001年10月から、再利用できる鉄骨やリサイクルできるサッシを使った「リユース型店舗」の建設を開始。2010年秋に初の「移設」によるリユースを実施しました。
今後も引き続き、店舗解体時の廃棄物削減に努めていきます。

動画を見る(38秒)

Windows MediaPlayer11

動画をごらんいただくには、Microsoft社のWindows Media Player(無料)が必要です。