トップ > CSR > セブン-イレブン記念財団


 

セブン-イレブン記念財団 セブン-イレブン加盟店と本部が一体となって環境をテーマに社会貢献活動に取り組んでいます。

店頭に設置されている募金箱セブン-イレブン記念財団は、(株)セブン-イレブン・ジャパン創立20周年記念事業として、セブン-イレブン加盟店と本部が一体となって環境をテーマに社会貢献活動に取り組むことを目的に、1993年11月セブン-イレブンみどりの基金として設立され、2010年3月に一般財団法人セブン-イレブン記念財団に移行しました。

セブン-イレブン店頭でお客様からお預かりした募金と、(株)セブン-イレブン・ジャパンからの寄付金等をもとに、「地球温暖化防止」「地域活動支援」「自然環境保護・保全」「災害復興支援」「広報」の事業領域を設け、地域に根差した環境活動を行っています。

東日本大震災被災地復興支援に対しては、「東日本大震災復興プロジェクト」を立ち上げ、セブン-イレブン加盟店や本部社員のボランティアが地域の皆様と一緒に復興支援活動を行うとともに、「東北に緑を!セブン-イレブンプロジェクト」として、宮城県・福島県・岩手県の小学校の植樹や植花活動を支援しています。

2014年度店頭募金総額 4億3,069万9,242円

セブン-イレブン記念財団


関連サイトリンク