トップ > 社会・環境へのとりくみ > 社会・環境ニュース


 

社会・環境ニュース セブン-イレブンの社会・環境への取り組みに関するニュースです。

「信州環境フェア2013」に出展しました

(株)セブン-イレブン・ジャパンは、8月24日(土)、25(日)の2日間、長野市にある大型多目的アリーナ「長野市ビックハット」にて開催された「第13回信州環境フェア2013」に出展致しました。今年のテーマは、「しぜんには いのちがあるよ たいせつに」。
今回のテーマにちなんで、セブン&アイの森を始め、森林の大切さについて紹介しました。

「ビッグハット」会場の様子

「ビッグハット」会場の様子

展示の説明の様子

展示の説明の様子

環境や社会貢献の取り組みを1冊にまとめた小冊子の配布を始め、お子様にはクイズ形式でご理解いただきました。また、来場者の多くの方は、長野県坂城町にあるセブン&アイの森に興味も持たれ、ご質問もたくさんいただきました。

モニターを用いた展示

モニターを用いた展示

パネルによる取り組みの紹介

パネルによる取り組みの紹介

来場者より、「セブン-イレブンの環境に対する取り組みには大変関心しました。」「間伐する大切さを始めて知りました。」「セブン-イレブンのイメージが変わりました。」など、嬉しいお言葉も数多くいただきました。
これからも(株)セブン-イレブン・ジャパンは、環境に配慮した取り組みを行ってまいります。