トップ > 社会・環境へのとりくみ > 社会・環境ニュース


 

社会・環境ニュース セブン-イレブンの社会・環境への取り組みに関するニュースです。

「エコプロダクツ2011」出展レポート

日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」が、12月15、16、17日の3日間、東京ビッグサイトで開催されました。
テーマは、「日本発!エコの力で明日を変える Green For All , All For Green」。

企業や自治体など総勢752の団体が集まり、「持続可能な社会の実現」に向けた情報発信の場として、大いに盛り上がりました。
セブン&アイホールディングスでは、グループ内の各社のエコの取り組みを紹介しました。

セブン&アイのブース

「風力・ソーラー発電付LED外灯」がシンボルのセブン&アイのブース

店舗の省エネを紹介

最新のエコ店舗の写真
最新のエコ店舗
「セブン-イレブン エコプロダクツ店」
パソコンで電気使用量が確認
パソコンで電気使用量が確認できます
ブース内には、最新のエコ設備を取り入れた本物の店舗を展示しました。
看板や店内天井の「LED」をはじめ、電力を見える化する「スマートセンサー」、省エネ型の「第三世代ATM」、地中熱を有効活用した「地中熱利用空調システム」などを分かりやすくご紹介。
日常ではなかなかお見せできない、セブン-イレブンの省エネ・節電に対する取り組みを、この機会にご覧いただきました。

子ども店長体験ツアー

レジ袋削減の取り組みに耳を傾ける子ども達
レジ袋削減の取り組みに耳を傾ける子ども達
夕方からは大人の店内見学ツアーに変更
夕方からは大人の店内見学ツアーに変更
昼間はユニフォームを着た子ども達が、実際にレジ打ちやドリンク補充などを体験しながら、セブン-イレブンのエコの仕組みを楽しく学びました。店舗のバックルームなど、日頃見ることが出来ない店舗の裏側を見た子ども達は大喜び。
また、夕方からは大人を対象に店内見学ツアーを実施しました。ツアーを通して、セブン-イレブンの知られざるエコの取り組みをご理解いただくことができました。

ほかにも、セブン-イレブン記念財団の「環境保全活動」や、セブン銀行による「ボノロンの森環境活動の紹介」など、盛りだくさんの内容に会場は連日熱気にあふれていました。

ワークショップ「炭焼き体験」の写真
セブン-イレブン記念財団によるワークショップでは「炭焼き体験」などを通じ、子ども達が自然環境の大切さを学びました。
「ボノロン」との記念撮影の写真
セブン銀行では「ボノロンの森」環境活動の紹介をしました。みんなの人気者「ボノロン」との記念撮影も大好評。
メインステージの写真
メインステージではグループの環境の取り組みを紹介した「セブン&アイ・ハイライト」ほか、4つのコンテンツを分けて紹介しました。
ワークブックの写真
来場者に配布されたワークブック。 セブン&アイブースのポイントを分かりやすくクイズ形式でまとめました。
全問回答を頂いた方には廃食油で作られたリサイクル石鹸をお持ち帰りいただきました
全問回答を頂いた方には廃食油で作られたリサイクル石鹸をお持ち帰りいただきました。