トップ > 社会・環境へのとりくみ > 社会・環境ニュース


 

社会・環境ニュース セブン-イレブンの社会・環境への取り組みに関するニュースです。

テーマは「セブン&アイの森へようこそ!」エコプロダクツ2012に、セブン&アイが出展

(株)セブン&アイ・ホールディングスは、12月13、14、15日の3日間にわたって東京ビッグサイトで開催された、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2012」に出展しました。

今年で出展5回目となるセブン&アイホールディングスのテーマは「セブン&アイの森へようこそ!」。
「自然を守る」・「自然を育む」の2つのコンセプトをメッセージの軸として自然と共にいきる豊かな社会づくりの大切さを各コーナーで紹介しました。

セブン&アイのブース全体

セブン&アイのブース全体

お店の店長になって学習する参加型「子ども店長ツアー」

省エネ・節電設備の説明を熱心に聞く子ども達
省エネ・節電設備の説明を熱心に聞く子ども達
「コムス」でのドライブシミュレーション写真
超小型電気自動車「コムス」に乗ってドライブシミュレーションを体験している子ども達
「コムス」でのドライブシミュレーション写真
「コムス」でのドライブシミュレーションは大盛況で常に順番待ちの列ができていました

毎年人気のセブン-イレブン子ども店長ツアーを目当てに、校外学習の小学生も多数来場。セブン-イレブンのユニフォームに着替えた子どもたちは、最新の省エネ・節電設備やレジ袋削減の取り組みなどの説明を熱心に聞いていました。また、超小型電気自動車「コムス」に乗ってお客様の所に商品を配達する体験コーナーも大好評でした。

セブン発電プロジェクト

特設ステージの写真
特設ステージでは「セブン発電プロジェクト」を詳しく紹介しました
太陽光パネル設置写真
各店舗に太陽光パネルを設置拡大中です
特設ステージでは、全国のセブン-イレブンに太陽光パネル(2012年度7000店舗を予定)と蓄電池を設置してメガソーラー並みの電力をつくり出そうという「セブン発電プロジェクト」について詳しく紹介。
発電した電力は店舗で使うほか、蓄電して停電時や電力需要のピーク時に利用するという計画に、大きな反響がありました。

森の大切さを楽しく学ぶ森の広場

省エネ・節電設備の説明を熱心に聞く子ども達
セブン銀行では、みんなの人気者「ボノロン」との記念撮影も大好評
「コムス」でのドライブシミュレーション写真
伐体験として丸太切りに挑戦
「コムス」でのドライブシミュレーション写真
動物の置物づくりワークショップでは、みんな一生懸命取り組んでいました.

ブース内に設けられた「森の広場」では、セブン&アイグループが取り組む植林活動や森林整備活動「セブン&アイ森林プロジェクト」を紹介しました。
間伐体験(丸太切り体験)や、動物の置物づくり、箸づくり体験は大人も参加して大盛況でした。
これからも、(株)セブン-イレブン・ジャパンは、環境負荷の低減に向けた取り組みを推進してまいります。

ワークブックの写真
ワークブックの写真

来場者に配布されたワークブック。
セブン&アイブースのポイントを分かりやすくクイズ形式でまとめました。