トップ > 社会・環境へのとりくみ > 社会・環境ニュース


 

社会・環境ニュース セブン-イレブンの社会・環境への取り組みに関するニュースです。

エコバッグの収益金を活用し、政府への排出権無償譲渡を実施

グループ従業員を対象に、家庭での省エネを応援するキャンペーンを実施します。セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートの各社では、2008年1月よりオリジナルのエコバッグを販売しております。

このエコバッグは収益の中から1枚当り「5円」を、国連で承認された温室効果ガス削減プロジェクトによる排出権の取得に用い、日本政府へ無償譲渡(寄付)する計画で販売を開始しています。

セブン&アイHLDGS.では、6月30日付けで日本政府に500t-CO2の排出権の無償譲渡を実施しました。 2009年2月の譲渡と合わせ合計で1,000t-CO2となります。これは東京ドーム約28個分の森林が1年間に吸収するCO2に相当するイメージです。

日本政府に無償譲渡(寄付)することで、世界が目指す京都議定書に定められた日本の温室効果ガス排出削減目標遵守に貢献することになります。

エコバック1
エコバック2
オリジナルエコバック
「カラフルショッピングバッグ 」

概要

1.排出権
インドのタミル・ナドゥ州における風力発電プロジェクト
IN-000-000-027-989-945~IN-000-000-027-990-444
2.譲渡量
500t-CO2
3.購入方法
三菱UFJ信託銀行を通じ信託受益権として購入
4.交付先
日本国(割当量口座簿 償却口座)
証明書