トップ > 社会・環境へのとりくみ > 社会・環境ニュース


 

社会・環境ニュース セブン-イレブンの社会・環境への取り組みに関するニュースです。

「省エネ」「創エネ」をテーマとした環境配慮型店舗の普及と対策で「平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

(株)セブンーイレブン・ジャパンは、環境省が主催する「平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」の「対策技術導入・普及部門」を受賞しました。 2009年度より「省エネ」「創エネ」をテーマに開店した環境配慮型店舗にLED照明・太陽光発電パネル等の設備を震災以降節電が急務であった東京電力管内店舗に先行導入し、その後全国に順次拡大していることを評価していただきました。2012年11月末現在、店内LED照明10,833店、店頭誘導看板10,587店、サインポール9,873店、太陽光発電パネル設置店舗数4,399店となっています。

セブン&アイのブース全体

授賞式の様子

受賞につながった対策技術と普及内容

主要な対策 1.照明(売場・店頭誘導看板等)のLED化 2.太陽光発電パネル設置 3.設備更新・仕様変更の実施(省エネ化) 4.店舗の主要設備に「電気の見える化」を目的とした「スマートセンサー」の導入
照明(売場・店舗誘導看板等)のLED化
照明(売場・店舗誘導看板等)のLED化
太陽光発電パネル設置
太陽光発電パネル設置

また各店舗の運用対策として、全国の加盟店に"省エネ10か条"をご案内し、継続的な省エネ活動に努めています。
これらの対策の結果、東京電力管内で、2011年度 前年比16,336t-CO2の削減(▲4.2%)となり、全社でも店舗数が5.8%(773店)増加に対し、CO2排出量を1.5%増に抑制することができました。
今後も継続して対応を進めていきます。

セブン&アイのブース全体

夏用ユニフォームの導入