ミャンマーにセブン‐イレブンが出来たら、
経験を活かしてお店を経営したい。
STAFF’s VOICE

外国人 T.Hさん / 勤続2年半 TYPE: International

日本が好きで、日本語や日本の事を学ぶために来日したが、セブン‐イレブンの仕事の面白さに開眼したT.Hさん。
どこに魅力を感じたのか、語っていただきました。
T.Hさん仕事風景

T.Hさんのプロフィール

ミャンマーの大学で心理学部を卒業後日本へ語学留学を決める。経済の開放が始まるミャンマーで、日本企業で働くことが将来の目標。近い将来の目標は日本でIT関係の仕事に就くことです。

日本語や日本の事を学ぶ目的で日本に来ました。 STORY.01

来日して3年半がたちます。ミャンマーの大学を卒業してから日本にやってきました。留学先に日本を選んだ理由は、日本が好きで、日本語や日本の事を学びたかったからです。

今、ミャンマーには多くの日本企業が進出してきています。ミャンマーの日本企業で働いてみたいと思ったのが、日本に来たきっかけです。

来日して、最初のアルバイトは居酒屋でした。セブン‐イレブンで働くようになったのは、約2年半前。ミャンマー人の友人の紹介で「セブン‐イレブンはとても働きやすいよ」と勧められたことがきっかけです。学校に通いながら、火、木、金曜の17:30~22:00。日曜の8:00~16:00で働いています。学校に通いながら問題なく働くことができています。

T.Hさん仕事風景2
T.Hさん仕事風景3

日本語も経営も、セブン‐イレブンで学んでいます。 STORY.02

セブン‐イレブンはとても働きやすいお店だと思います。留学生仲間の間での評判はとても良いです。仕事は店長に教えてもらいました。丁寧でわかりやすかったです。

また、外国人用のマニュアルもあり、日本語がまだまだ苦手な私には、とても助かりました。品出し、掃除、レジ点検、鮮度管理、発注の仕事が半年くらいでできるようになりました。セブン‐イレブンの仕事はとても面白いです。とくに面白くて勉強になったのが発注の仕事です。

例えば、この商品はこの前は売り切れたから今度はもっと多めに発注しようなど、仮説を立てて発注しています。自分が発注したものが、仮説通りに売れるとうれしいです。

このほか、品出しの仕事も好きです。私は整理整頓が好きなので、商品をきれいに並べるのはとても気持ちいいですね。

日本の友達もたくさんできました! STORY.03

セブン‐イレブンでアルバイトをしてよかったのは、実用的な日本語を勉強できたことです。お客さまとご挨拶をしたり商品説明をしたりと、お話しすることも多いです。お客さまから話しかけてもらうこともあります。「外国で働いて、大変だと思うけど頑張ってください」と言われた時はうれしいですね。

セブン‐イレブンでは、学校での勉強以上に、たくさんの事を学べたと思います。職場ではミャンマー人以外にも友達ができました。日本の人とも仲良くなって、時々、食事にも行ったりします。日本食は美味しいです。ちなみにお刺身は苦手です。ミャンマーでは考えられない食べ物ですから(笑)。将来はミャンマーに戻って、日本に関係した仕事に就きたいです。

そして、もっともっと先の将来の夢は、セブン‐イレブンを経営すること。ミャンマーにセブン‐イレブンが出来たら、経験を活かしてお店を経営したいですね。

T.Hさん仕事風景4

オーナーから オーナーから見て、T.Hさんの魅力はどんなところ?

T.Hさんはお店のリーダーとして自身の仕事だけでなく仲間の教育にも力を入れて働いています。新しい外国人従業員さんがお店で働き始めると自ら率先して仕事を教えて、安心して働けるようサポートしています。また仕事以外でもプライベートで従業員同士遊ぶことも多くアルバイトを通じて友達も沢山増えています。

お近くのセブン‐イレブン店舗の求人を検索!