企業情報お知らせ料金収納代行業務受付時におけるお預かり金着服事案に関するお知らせ

2019年11月29日

お客様各位

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン


お知らせ

 

この度、広島県広島市のセブン‐イレブン加盟店で、元従業員による料金収納代行受付時における広島市市・県民税等のお預かり金の着服が以下の通り発生し、結果として納付の遅れを発生させてしまいました。このような事態を発生させ、お客様ならびに関係各位にご迷惑、ご心配をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。

セブン‐イレブンでは、公共料金等お預かりの際に、領収印押印済の領収書と併せ、レシートをお客様にお渡しすることとなっております。あらためましてお客様におかれましては、お支払い時にレシートをお受け取りいただけますよう、お願い申し上げます。

当社では、今回の事態を真摯に受け止め、収納代行業務に対する管理体制を強化し、再発の防止に努めてまいります。 なお、当該店舗では所轄の警察署に被害届を提出し、元従業員からの弁済は完了しております。

 

1.発生店舗

セブン‐イレブン広島口田南店(住所:広島県広島市安佐北区口田南7丁目2741-1)

※当該店舗はフランチャイズ加盟店です。

 

2.元従業員が着服し、お客様の未支払い扱いとなった収納代行預かり金

広島市市・県民税、広島市固定資産税・都市計画税、広島市国民健康保険料  

合計 5件   479,916円

 

3.経緯

2019年6月11日~7月22日

当該従業員がお客様より支払われた収納代行預かり金5件分を複数回にわたり着服。

2019年7月23日

該当従業員が退職。

2019年8月21日

料金収納代行企業を通じてお客様からの問い合わせが弊社に入り、店舗責任者および 弊社の店舗経営相談員にて事実確認と全容の調査を実施。

2019年9月6日

元従業員が着服の事実を認め、5件全ての預り金を返済。

2019年9月27日

元従業員からの返済金について、料金収納代行企業を通じ広島市への入金処理が完了。

 

4.再発防止策について

弊社より、全国のセブン‐イレブン21,009店(2019年10月末現在)に対し、料金収納代行受付についての注意点をあらためて発信する等の行為を通じ、再発防止に向けた啓発に努めます。

また、お客様に向けて公共料金収納におけるレジ受付時の注意点をレジ端末に表示させ定期的に注意喚起を促して参ります。

以上


page top

PAGE TOP