地域の安全・安心を守る活動

「セーフティステーション活動」

セーフティステーション活動は、2000年に警察庁が日本フランチャイズチェーン協会(JFA)に「まちの安全・安心の拠点」としての活動を要請したことから始まりました。以来、「安全・安心なまちづくりに協力」「青少年環境の健全化への取り組み」を大きな2本の柱として自主的に活動しています。

イメージキャラクターのエスゾウくん

セーフティステーション活動の概要

セーフティステーション活動の概要

SS広場新しいウィンドウが開きます

地域の見守り支援活動

セブン-イレブンでは、セブンミールや店内商品のお届けを通じて、地域のお客さまのお買い物支援を2001年から実施しており、それに合わせて県や各市町村と連携し、高齢者見守り協定の締結を進めています。

また、日本の高齢化がますます進むなか、認知症の患者数は2020年には700万人(65歳以上の5人に1人)に達すると見込まれており、病院や施設だけでは支えきれなくなるのは避けられない状況です。セブン‐イレブンでは認知症の基本的知識を習得するため、本部社員の約7割が認知症サポーター養成講座を受講し、また加盟店のオーナーさまや従業員の皆さまにも認知症サポーター養成講座の受講を推奨しています。

自治体との地域包括連携協定を締結

セブン-イレブンは、183自治体(43道府県140市区)と「地産地消及び農林水産物、加工品等の開発・販売」や「健康増進・食育」「子育て支援やこども・青少年育成」「高齢者及び障害者支援」「観光振興」「環境保全」「暮らしの安全・安心・災害時支援」、「地域社会の活性化・住民サービスの向上」などについて、連携を強化するために地域包括連携協定を締結しています(2020年2月末現在)。

例)埼玉県との協定内容(平成20年6月17日 協定締結)

  1. 埼玉県のオリジナル