トップ > CSR > 本部従業員 > 公正な評価・処遇
 

公正な評価・処遇

立候補制度

「過去のやり方に固執せず、業務や組織を自ら改革しよう」という意欲や自信のある人材を積極的に登用するために、勤続3年以上経過している本部従業員に対して他部門・職種への立候補制度を用意しています。新たな業務にチャレンジすることを目的にしているため、活力のある組織づくりにもつながっています。

「評価制度」「コモンテスト」を実施

本部従業員一人ひとりがより広い視点を持ち成長できるよう、定期的に成長を確認する機会を設けています。

評価制度

会社が掲げる経営戦略が実現できる人を「求める人材像」と定義しています。
この「求める人材像」に基づいて評価制度は、4つの評価項目で構成されています。
セブン‐イレブン・ジャパンが実現したいこと3つを「確実な業務遂行」と、「成果に対する公正な処遇」、「人材育成の更なる強化」に向けて、評価は年2回、面談は年4回実施し、個人の課題を明確にし、目標を立て、その目標を達成することで、会社の業績向上と自己成長を目指しています。

コモンテスト

業務を進めるうえで必要な知識である「世の中の変化」や「会社方針・政策」を理解しているか確認する試験を階層別、部門別に年1回実施しています。

社内表彰制度

会社方針である「新しいこと」に挑戦し、大きな成果をあげている部門や本部従業員に対して、年に1回、表彰制度を設けています。これまでに計27回実施され、延べ約5,900名が表彰されています(2018年8月末時点)。

写真:本部での授賞式

page top

PAGE TOP