トップセブン‐イレブンのサステナビリティ持続的発展可能なサプライチェーンの構築
トップセブン‐イレブンのサステナビリティ持続的発展可能なサプライチェーンの構築
トップセブン‐イレブンのサステナビリティ持続的発展可能なサプライチェーンの構築

持続的発展可能なサプライチェーンの構築

セブン&アイお取引先サステナブル行動指針

本指針は、サプライチェーンの社会的責任を果たすために、法令遵守や企業倫理に関する基本的事項を定めたものです。

今日、世界では環境や人権などに関する様々な問題が発生しています。企業は商品やサービスを販売するだけでなく、原材料の調達や製造・配送等のサプライチェーン全体の人権の保護と尊重、法令遵守、地球環境保全、労働環境への配慮などの社会的責任が求められています。そのため、本指針を基に人権の尊重と保護を何よりも優先し、お取引先様へご理解と実行をお願いしております。

セブン‐イレブン・ジャパンでは、本指針をオリジナル商品を製造する工場や物流を担う共同配送センターなどのお取引先様へ周知を行っております。また、その先にいらっしゃる二次お取引先様へも浸透していただくようご協力をいただいております。

「お取引先行動指針」(セブン&アイHLDGS.

お取引先専用ヘルプラインの設置

グリーバンスメカニズムの一環として、通報窓口「セブン&アイHLDGS.お取引先専用ヘルプライン」を外部の第三者機関に設置しています。

お取引先様との取引における問題の芽を早期に発見し、未然に防ぐことで、お客様に安全・安心な商品とサービスを提供できるような体制を整えております。また、お取引における疑問やご意見などをお取引先様からお受けし、迅速に改善を図ることで、一層の公正な取引の確保に努めています。

  • 相談・通報内容について
    法令違反、不公正な取引、産地偽造や製造日の改ざんなど、お客様をはじめ社会から信頼を失うような行為
  • 通報対象者 (ご利用可能の方)
    セブン‐イレブン・ジャパンとお取引のあるすべてのお取引先様で、役員、社員、パートタイマー、元従業員の方。
  • 守秘義務の厳守
    ご相談・通報者のプライバシーを厳守し、ご相談・通報の内容が第三者に開示または漏洩することはございません。
  • 不利益な取扱いの禁止
    相談・通報者が、このヘルプラインを利用することによる不利益な取扱いをセブン‐イレブン・ジャパンから受けることはございません。

本社を含めた全国の事業所において、制度の紹介やリーフレットの配布を通して周知を図っています。

「お取引先専用ヘルプライン(相談・通報窓口)」(セブン&アイHLDGS.

イメージ

「お取引先様アンケート」を実施

お取引先様との公正で健全な取引を推進するため、2016年度より年に1度、セブン‐イレブン・ジャパン社員のお取引先様への言動が、社是に掲げる「信頼と誠実」の精神と「セブン&アイグループ企業行動指針」に則ったものであるかを確認させていただくために、アンケートを実施しております。2022年9月は2,111件のご回答をいただきました。

お取引先様からのご指摘は、真摯に受け止め、本質的な原因分析と是正策の実行の取組みを進めており、お取引先様との関係をさらに公正・健全にできるよう努めて参ります。

「お取引先様セルフチェック」の実施

お取引先様の「お取引先サステナブル行動指針」の推進状況を確認し、必要に応じて是正対応を支援させていただくために、お取引先様向けセルフチェックシートを運用しています。

内容は関係法令の遵守、人権、労働環境、労働安全衛生、環境、セキュリティ、商品の安全確保、地域社会の便益など、全89項目あり、CSR監査と同様の項目になっております。

※2022年度

  • 対象:NDF加盟66社・工場181ヵ所
  • 実施期間:21年2月~4月
  • 回答率:100.0%

製造工場での「CSR監査」を実施

2016年度より、お客様に提供する商品の安全・安心の確保と、お取引先様とともに目指す持続的発展可能な社会の実現を目指し、独自に作成した監査項目(16大分類項目と117のチェック項目)に沿って、第三者機関にお取引先様の製造工場を確認していただいております。

監査項目は、世界標準であるILO(国際労働機関)条約などの国際条約とISO26000に準拠し、「セブン&アイグループお取引先サステナブル行動指針」「人権の保護」「法令遵守」「労働安全衛生」「環境保全」などで構成されています。

2022年度CSR監査実施数(国内)

実施期間2022年2月~12月


49

49工場