7つの重点課題

セブン‐イレブン・ジャパンはステークホルダーの皆様の期待や要請にお応えするために、ステークホルダーの方々との対話を通じて重点課題を特定しました。商品やサービス、店舗など、本業を通じてこれらの課題を解決することで、持続可能な社会と企業の持続的成長を目指してまいります。

イメージイメージ

セブン&アイHLDGS.の「重点課題」新しいウィンドウが開きます

SDGsとは

2015年に「持続可能な開発のための2030アジェンダ/SDGs(エスディージーズ)」が国連で採択されました。

SDGsとは、「誰ひとり取り残さない」を理念として、貧困や差別をなくし、すべての人が平等な機会を与えられ、より良い生活を送ることができる世界を目指す、国際社会の共通目標です。

セブン&アイHLDGS.の
7つの重点課題
取り組みの背景と、対応するSDGsの項目
重点課題1
お客様とのあらゆる接点を通じて地域・コミュニティとともに住みやすい社会を実現する

セブン-イレブン・ジャパンは全国に約21,000店を超える店舗を展開し、多様なお客様との接点を持つ特性を活かし、店舗をはじめとするあらゆる顧客接点を通じて地域・コミュニティとともに住みやすい社会を提供していくことが重要だと考えています。

高齢化や人口の減少などの課題解決は、私たちに絶えず求められる重要な社会的役割であるとともに、新たなお客様のニーズとしてのビジネス機会でもあります。お客様のもっとも身近な存在としてお客様一人ひとりに寄り添い、これからも取り組みを進めていきます。

重点課題2
安全・安心で健康に配慮した商品・サービスを提供する
セブン‐イレブン・ジャパンは商品の「安全・安心」をはじめとする品質の確保を何よりも重要なものとして取り組んでいます。また、常にお客様の立場に立って、栄養バランスのとれた商品の提供や、信頼性の高い原料の使用、添加物の使用低減など、お客様の健康に配慮した商品づくりを行っています。また、お客様のニーズに対応できるよう、地域に根差した商品開発を行い、各地域にてさまざまな分野のメーカー様やベンダー様と連携して商品開発を行っています。

重点課題3
地球環境に配慮し、脱炭素・循環経済・自然と共生する社会を実現する

セブン‐イレブン・ジャパンは全国に約21,000店を超える店舗を展開しており、事業活動により消費するエネルギーや廃棄物を削減することは、持続可能な社会の実現に向けて大きな影響を持つと考えています。一方で、そうした無駄の削減は、商品や原材料のコスト削減、またエネルギーコストの削減にもつながります。そのため、私たちはバリューチェーン全体で、商品、原材料、エネルギーの無駄をなくすことを最重要課題の一つと捉え、その対策に取り組んでいます。

重点課題4
多様な人々が活躍できる社会を実現する

セブン‐イレブン・ジャパンは人種や国籍を始め、性別や年齢、宗教、障がいの有無、性的指向など様々なバックグラウンドや価値観をもつ多様な人々が活躍できる社会を実現していくことが重要だと考えています。

異文化理解の促進や、未来の社会を創ってゆく次世代の応援などを実施することは、社会全体の発展だけではなく、社会から求められる商品・サービスの提供にもつながります。自社グループだけでなく、社会全体が様々な価値観やライフスタイルを認め合うことのできるように、取り組みを進めていきます。

重点課題5
グループ事業を担う人々の働きがい・働きやすさを向上する

セブン‐イレブン・ジャパンでは、店舗と本部合計で約42万人の従業員が働いています。職場には、パートタイマー、アルバイト、外国籍の従業員、育児や介護をしながら働く従業員など多様な従業員がおり、多様な働き方を支援することが企業としての責務であると認識しています。そして、多様な従業員の活躍を支援し、働きがいを持って仕事ができるよう、従業員にとって働きやすく、魅力的な職場をつくることに取り組んでいます。こうした取り組みは、多様な人財の確保を円滑に進めることができるだけでなく、新しい考え方を取り入れて新たな価値を生み出す力となり、私たちの競争力の源泉となります。

重点課題6
お客様との対話と協働を通じてエシカルな社会を実現する
セブン‐イレブン・ジャパンは、お客様との対話や協働を通じ、社会・環境課題を解決する商品・サービスを増やし、エシカル※な社会づくりに貢献していくことが、企業としての重要な役割であると考えています。近年高まる「エシカルな消費」へのお客様の意識に対応することは、商品・サービスの提供価値を上げるとともに、ブランド力の強化にもつながります。お客様の声に耳を傾け、社会全体でサステナビリティを進めていけるように働きかけていきます。
※「倫理的」「道徳的」という意味。近年では、環境保全や持続可能な社会実現への貢献という意味が強くなっている。

重点課題7
パートナーシップを通じて持続可能な社会を実現する
セブン‐イレブン・ジャパンはお客様に提供する商品・サービスを、パートナーであるオーナー様やお取引先様などと協力し社会・環境に配慮したものにし、持続可能な社会づくりに貢献していくことが、グループとしての重要な役割であると考えています。商品の原材料の調達からお客様のもとに届くまでのすべてのプロセスにおいて、法令を遵守するだけでなく社会・環境に価値のある商品・サービスを提供することは、サプライチェーンの強靭さを向上し、事業継続性を担保するうえで重要です。また、SDGsをはじめとする社会課題を解決し新たな体験価値を創出するためにもパートナーシップは重要です。そのため、オーナー様やお取引先様を含むバリューチェーン全体で取り組みを進めていきます。

page top

PAGE TOP