パート・アルバイトの皆さまとともに

アルバイト学生限定インターンシップ

セブン‐イレブン店舗で勤務されている学生アルバイトの皆さまを対象に、お店での更なる活躍に向けたバックアップとしてアルバイト限定インターンシップを開講しています。インターンシップで学んだことを勤務先の店舗で実務経験することで、将来社会人になった際に必要な力を学べ、就職活動にも活かせる内容となっています。

加盟店従業員向けに「独立支援制度」を設置

セブン‐イレブンの店舗運営業務を経験し、さらに経営者として独立を希望する加盟店従業員のために、独立支援制度を設けています。セブン‐イレブン店舗で通算5年以上の経験を有する加盟店従業員が独立し、オーナーさまとして開業した際、開店時からロイヤリティを減額し、経営を支援しています。

「加盟店従業員向け」接客研修を開催

新人従業員向けの「新人研修」、他の従業員の模範となるシフトリーダー育成を目的とした「シフトリーダー研修」を開催。シフトリーダー研修受講者には修了証書と名札用ホルダーを進呈しています。

21年度は各研修合計で10,914回開催、39,740名が受講。多くの従業員の意欲を高め、店舗の接客レベルの向上に繋げているとともにオーナーさまの従業員教育をバックアップしています。

シニアの働く場を提供

高齢化や労働人口の減少が進むなか、セブン-イレブン本部は、各自治体が開催する高齢者の雇用についての企業合同説明会に積極的に参加し、働く意欲のあるシニアの雇用を促進しています。説明会では、コンビニで働くことに不安を感じる方に対して、丁寧な説明を心がけ、シニアの登用について正しい理解を促進し、安心して働ける環境づくりをしています。この取り組みは地域雇用の活性化にも貢献しています。

外国籍の方の働く場を提供

日本に定住する外国籍の方への就労支援を行っています。各自治体や団体が行っている外国人就労支援事業に参加し、働く事に不安を感じる外国籍の方に対して、お仕事説明会を実施しています。具体的には「セブン‐イレブンについて」「外国人従業員さんが働いている店舗の職場環境」「外国人従業員さんへのインタビュー」等をご紹介し、実際の就労環境やキャリアステップをイメージしやすい内容で、やさしい日本語を用いて説明をしています。この取り組みは多文化共生社会の推進にも貢献しています。

ファミリー誌を発行

1976年から加盟店向けの情報誌として「セブン‐イレブン ファミリー」を2カ月に一度本部が企画・編集し、発行しています。セブン‐イレブンの新たな取り組みや加盟店での成功事例などを紹介しています。また、コンプライアンスにかかわる行為への注意喚起や店舗運営に有益な情報を発信しています。

加盟店従業員向け保険

オーナーさまに対し、加盟店従業員さんの仕事中や通勤途上のケガに対する手厚い補償(労災の上積み)となる従業員業務傷害見舞金をご紹介しています。この保険には、多くの加盟店が加入されています。

加盟店従業員向け福利厚生

本部が推奨している福利厚生サービスに加入している加盟店の従業員さんは、そのご家族も含めて福利厚生サービスを利用できます。「レジャー・エンタメ」「育児」「介護」「スキルアップ」「グルメ」などの様々なサービスや施設を割引価格で利用することが可能です。

page top

PAGE TOP